So-net無料ブログ作成
検索選択

おんな城主 直虎の世界16 井伊家一族・奥山朝利が、小野政次に殺害された理由は? 

柴咲コウさん主演で始まった2017年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」。

大河ドラマ「おんな城主 直虎」で、主人公・井伊直虎の脇を固める、一族の重鎮が奥山朝利です。「おんな城主 直虎」では、でんでんさんが、奥山朝利を演じています。

奥山朝利は、井伊家の一族としても重要な存在である一方、婚姻によってもその立場を築いていきました。奥山朝利の娘は、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎の元婚約者・井伊直親と結婚するのです。

「おんな城主 直虎」では、でんでんさんが演じる奥山朝利は、井伊家中で地位を築くものの、それをよく思わない者もいたようです。それこそが、井伊家の筆頭家老・小野政次でした。小野政次は、父・政直と同様に、井伊家家老でありながら、主君の一族である井伊直親の命を奪うことになります。

そして、奥山朝利も、小野政次に命を奪われることになるのです。






スポンサーリンク





井伊直親に嫁いだ奥山朝利の娘「しの」



大河ドラマ「おんな城主 直虎」で、でんでんさんが演じる奥山朝利。
井伊家の一族である奥山朝利は、家中でも重要な役割を担ってたようです。

そして、奥山朝利が井伊家中で、その立場を確かなものにしたのは、婚姻でした。「おんな城主 直虎」で「しの」という名で登場する奥山朝利の娘は、井伊直親に嫁いでいるのです。

井伊直虎と直親の婚約を引き裂いた小野政直



「おんな城主 直虎」で三浦春馬さんが演じる井伊直親は、もともと主人公・井伊直虎の婚約者でした。それなのに、なぜ井伊直親は、奥山朝利の娘「しの」と結婚したのでしょうか。

井伊直親は、井伊直虎の婿養子として、井伊家を継ぐはずでした。

ところが、井伊家筆頭家老の小野政直が、この縁談に反対したのです。井伊家筆頭家老の小野政直は、井伊直親の父直満と不仲だったといわれています。さらに、「おんな城主 直虎」では、小野政直は息子政次を井伊直虎と結婚させようともくろんでいたことになっています。

井伊直親の存在は、息子の政次を井伊直虎と結婚させようとしていた、小野政直にとって邪魔な存在だったようです。こうして、小野政直は、井伊直親の父直満、直義兄弟を殺害。さらに、井伊直親の命を奪おうとしたのです。このため、井伊直親は信濃に逃亡してしまうのです。

井伊家筆頭家老・小野政直の反抗によって、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎と直親の婚約は実現しませんでした。

井伊直政を生んだ奥山朝利の娘しの



信濃に逃れていた井伊直親は、成長して故郷井伊谷に戻ってきます。

しかしながら、井伊直親は、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎と結ばれることはありませんでした。井伊直虎が、出家してしまっていたためです。

そのため、井伊直親は、一族の奥山朝利の娘「しの」を妻に迎えることになります。

井伊直親の妻となった「しの」について、詳しい生涯はわかっていないようです。それでも、「しの」は井伊家にとって重要な役割を果たすことになります。この「しの」こそが、のちに徳川家康に仕え、徳川四天王と称された井伊直政を生むのです。

夫・井伊直親を小野政次に殺害された、しの



しかしながら、井伊直政を生んだ奥山朝利の娘「しの」に悲劇が襲います。

「しの」の夫・井伊直親は、井伊家筆頭家老・小野政次に謀反の疑いをかけられ、今川氏真の重臣・朝比奈泰朝に討たれてしまうのです。

「しの」の夫・井伊直親は、小野政次によって、徳川家康と内通していると讒言されます。井伊直親は、この疑いを晴らそうと、主君・今川氏真のもとに釈明に向かった途中で殺害されてしまったのです。

井伊家筆頭家老・小野政次は、「おんな城主 直虎」では、井伊直親や主人公直虎の幼馴染という設定になっています。ところが、小野政次は、その井伊直親の命を奪ってしまうのです。

幼い井伊直政の命をも狙った小野政次



「おんな城主 直虎」で、高橋一生さんが演じる小野政次は、井伊家の乗っ取りを図っていたのか。

その証拠に、井伊直親の命だけでなく、その子・直政の命をも奪おうとします。井伊直政は、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎や、菩提寺・龍潭寺の住職である南渓和尚の手によって、かくまわれます。

幼い井伊直政は、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎や南渓和尚の尽力によって、一命をとりとめました。

ところが、小野政次は、井伊家の重鎮であった奥山朝利にも、殺害の手を向けるのです。

小野政次に命を奪われた実力者・奥山朝利



奥山朝利は、井伊直政の母方の曽祖父にあたります。

さらに奥山朝利の娘は、井伊家の血縁関係にあたる新野佐馬介、小野政次の弟・小野玄蕃に嫁いでいました。小野政次としては、井伊家の家中で影響力を持つ、奥山朝利を生かしておくことはできなかったのでしょう。

小野政次が、どのようにして奥山朝利を亡き者にしたのか。
その詳細は、わかっていません。井伊直親を葬ったときのように、謀反や内通の疑いを讒言したのかもしれません。

こうして井伊一族の実力者である奥山朝利は、小野政次によって亡き者にされてしまいます。

残された「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎、井伊直親の未亡人となった娘しの、その遺児・直政は、奥山朝利の死と、小野政次の反抗によって、窮地に追い込まれることになるのです。

スポンサーリンク





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
登録していただくと更新情報が届きます follow us in feedly

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。