So-net無料ブログ作成
検索選択

広島・赤松選手が胃がん公表。初期がん手術なら来季開幕は間に合う? 

シーズン25年ぶりにプロ野球セリーグを制した広島東洋カープ。

その広島カープで、足のスペシャリストとしてリーグ優勝に貢献した赤松真人外野手が、胃がんであることを公表。シーズンオフに手術を受けることをを公表しました。

広島の赤松選手は、幸いにも胃がんの初期段階。広島球団の説明によれば、命にかかわるような胃がんではないといいます。それでも、広島の赤松選手は、胃の摘出手術が必要になるとのこと。赤松選手は、来シーズンの広島の開幕メンバー入りは難しいのかもしれません。

広島といえば、脳腫瘍で帰らぬ人となった津田恒美投手の例も。ファンとしては、赤松選手の一刻も早い復帰を願いたいところですが…。はたして、赤松選手は来シーズンも、広島の足のスペシャリストとして、ファンを魅了することはできるのか。






スポンサーリンク





足のスペシャリストとして広島25年ぶり優勝に貢献



広島の足のスペシャリスト赤松真人選手。

赤松選手は、今シーズン12盗塁を記録。赤松選手は、スタメン出場こそ少なかったものの、貴重な代走や守備固めで、広島の25年ぶりセ・リーグ優勝に貢献しました。また赤松選手は、俊足を生かした広い守備範囲でも定評があり、広島の本拠地マツダスタジアムでは、フェンスによじ登って、ホームラン性の打球をキャッチした「スパイダーキャッチ」でも話題となりました。

新井選手の人的補償で広島へ。俊足生かした守備でも魅了



赤松選手は、広島から阪神に移籍した新井貴浩選手の人的補償として、広島に加わりました。

広島に移籍してから、赤松選手は貴重な足のスペシャリストとして活躍してきました。また、赤松選手は、明るい性格で広島ファンの間でも人気があり、広島のムードメーカー的存在。そんな赤松選手の胃がん公表だっただけに、広島ファンの間では、心配する声があがっているのではないでしょうか。

胃がん初期段階なら、腹腔鏡手術で回復可能



ただ、赤松選手の胃がんは初期段階とのこと。

赤松選手が公表した、胃がんの手術は、かつてなら回復手術が必要でした。しかし、最近では、回復しなくても手術ができる「腹腔鏡手術」が増えています。腹腔鏡手術は、おなかに小さな穴をあけて、胃がんの手術をします。そのため、胃がんの腹腔鏡手術は開腹手術に比べて、患者へのダメージも少ないといわれています。

ただ、赤松選手は、胃の一部もしくは全摘出が必要になるといいます。

赤松選手が幸いにも、胃の一部摘出ですんだとしても、手術後、すぐに野球ができるわけではないのでしょう。やはり、胃がんの手術後は、食事もゆっくりとならしていかないといけません。

そのため、赤松選手が、胃がんの手術後すぐにキャンプイン、プロ野球の開幕に間に合わせるのは、少し難しいのかもしれません。

脳腫瘍に倒れた津田投手の前例もあるが…



広島で手術を受けた選手といえば、真っ先に思い出されるのが、津田恒美投手ではないでしょうか。

津田投手は、広島黄金期にストッパーとして活躍。津田投手が速球を相手打者に投げ込む姿は、「炎のストッパー」と称されました。

しかしながら、津田投手はシーズン開幕後、不調に襲われます。津田投手の原因は、脳腫瘍だったのです。そして、脳腫瘍が津田投手の命を奪う結果となってしまいました。

胃がんから復帰した選手の前例に



赤松選手の胃がんは、初期段階だといいます。最近は、初期段階の胃がん手術なら、回復する可能性が高くなっているといいます。

赤松選手は「胃がんの手術を受けて復帰した選手の前例となりたい」とコメント。その言葉通り、赤松選手が来シーズンも、広島のリーグ連覇に貢献してくれることを願わずにいられません。

スポンサーリンク



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
登録していただくと更新情報が届きます follow us in feedly

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。