So-net無料ブログ作成

甲子園注目のスラッガー!早実・清宮と履正社・安田、どっちが上? 

昨年秋の明治神宮大会高校の部で初優勝した大阪・履正社。履正社は、春の選抜甲子園出場が有力視されています。

その履正社の四番が、プロ野球のスカウト注目のスラッガー・安田尚憲三塁手です。

履正社の主砲安田選手は、早稲田実業・清宮幸太郎選手と比較されるほどの打棒の持ち主。安田選手は、昨年秋の明治神宮大会高校の部でも、履正社の初優勝に大きく貢献しました。

高校球界注目の打者として比べられる履正社・安田選手と早実・清宮選手。はたして、打者として軍配が上がるのはどっち?






スポンサーリンク





決勝戦で清宮に負けじと勝ち越し3ラン



昨年秋の明治神宮大会高校の部で、履正社の優勝に大きく貢献した安田選手。

その、安田選手率いる履正社は、明治神宮大会高校の部決勝で、早稲田実業と対戦しました。この決勝で、安田選手と清宮選手という、高校球界を代表する主砲同士の対決が実現しました。

明治神宮大会高校の部決勝では、早実・清宮選手が、先制のソロ本塁打を放ちます。
一方、履正社・安田選手も3回、清宮選手に負けじと勝ち越しの3ランを放って応酬。この試合は、安田選手率いる履正社が、清宮選手の早稲田実業に13-6と打ち勝ち、明治神宮大会初優勝を果たしたのです。

安田選手に牽引された履正社打線は、この試合、13安打の大暴れ。打撃力を早実に見せ付けたのです。

高校通産本塁打数では76本の清宮が安田をリード



履正社・安田選手、早稲田実業・清宮選手とも、互いに意識し合う存在だといいます。

すでに全国区の注目を浴びる早稲田実業・清宮選手は高校通算76本塁打。

それに対し、履正社・安田選手は44本塁打と、ホームラン数では、清宮選手に分があります。ただ、高校通産本塁打は、練習試合などを含めた試合数や、相手投手のレベルによっても左右されます。そのため、高校通算本塁打数で、清宮選手が上回っているといっても、単純な比較はできないのではないでしょうか。

身長では188センチの安田が上回る



一方、体格では、早実・清宮選手が184センチ97キロ、履正社・安田選手が188センチ92キロと、安田選手のほうが、少し上回っています。

ただ、早実・清宮選手は、履正社・安田選手の打撃を、自分より上だと認めているようです。一方の安田選手も、「清宮のほうが上」とも。明治神宮大会高校の部決勝では、清宮選手の先制ホームランが刺激となって、安田選手の3ランが生まれたようです。安田選手は、この試合、決勝犠飛も放つ活躍でした。

安田の伸びしろを評価するスカウトも



それでは、プロ野球のスカウトの評価は、どちらが上なのか。

プロ野球のスカウトのなかには、早実・清宮選手のバッティングを評価する声もあるようです。
もともと早実・清宮選手は、パワーだけでなく、変化球への対応や、ミート力に定評があります。

一方、履正社・安田選手には、三塁を守れるという強みがあります。
早実・清宮選手は、公式戦では一塁と外野しか守ったことがありません。守備も含めて考えると、履正社・安田選手のほうが伸びしろがあるといえそうです。

果たして、履正社・安田選手と早実・清宮選手というプロ野球注目のスラッガーが、春の甲子園でもぶつかることがあるのか。履正社・安田選手、早実・清宮選手というライバル物語が始まるのかもしれません。

スポンサーリンク



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
登録していただくと更新情報が届きます follow us in feedly

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。