So-net無料ブログ作成

秋季富山県大会準優勝!21世紀枠の進学校・富山東、初の甲子園なるか? 

高校野球春のセンバツ甲子園大会21世紀枠推薦校に選ばれた富山東高校。

富山東は、高校野球秋季富山県大会で準優勝。高校野球の秋季北信越大会でもベスト8に進出しています。

富山東は、昨夏の高校野球秋季富山大会で準優勝。また富山東は、学業でも、国公立大学へ進学する生徒が多く、文武両道であることも評価されているようです。

そして12月16日、北海道を除く、各都府県の高校野球春のセンバツ甲子園大会21世紀枠推薦校から、各9地区の候補が発表されました。

北海道は富良野。東北は岩手・不来方。関東は栃木・石橋。東海は岐阜・多治見。近畿は京都・洛星。中国は鳥取・倉吉東。四国は高知・中村。九州が宮崎・高千穂。そして、北信越の富山東の9チームが21世紀枠推薦候補に選ばれました。

そのなかでも、富山東が北信越の21世紀枠候補に選ばれたのは初めて。富山県内の高校が、北信越の21世紀枠候補に選ばれたのは2008年の富山中部高校以来のこととなりました。

富山東は、高校野球の秋季富山県大会で準優勝を果たしたものの、21世紀枠候補の高知・中村と岐阜・多治見は、高校野球秋季県大会を制しています。

はたして、北信越21世紀枠候補の富山東が、21世紀枠での甲子園初出場を果たすことはできるのか?






スポンサーリンク





秋季富山大会準優勝で36年ぶり北信越進出



富山高校は、富山市にある男女共学の県立高校。富山東高校は、今秋の高校野球富山県大会で準優勝を果たしました。

富山東は、高校野球秋季富山県大会準決勝で、今夏の甲子園に出場した私立の強豪・富山第一に11-5で逆転勝ち。富山東は、この高校野球秋季富山県大会準決勝では、5-1で迎えた八回に、猛打が爆発し一挙に10点。驚異的な逆転勝ちに成功したのです。

つづく高校野球秋季富山県大会準決勝では、富山東は高岡商に2-18で敗れ、準優勝。富山東は優勝こそならなかったものの、36年ぶりに高校野球秋季北信越大会への進出を決めました。

富山東は6年ぶりに進出した高校野球秋季北信越大会では、新潟・村上桜ケ丘と対戦。
富山東は高校野球秋季北信越大会初戦で、村上桜ケ丘に4-2と九回逆転勝ちを決めたのです。しかしながら、高校野球秋季北信越大会準々決勝では、福井工大福井に11-2でコールド負け。富山東は、甲子園出場の実績のある強豪・福井工大福井に力の差を見せ付けられました。

国公立大合格者の多い進学校。練習は午後6時まで



高校野球秋季富山県大会で準優勝を果たした富山東。

しかしながら、富山東は、練習環境に恵まれているわけではありません。富山東は、県立の進学校であるため、練習時間は一日2時間ほど。富山東は、毎日午後6時には、練習を終えるそうです。また、部員数も29人と、強豪と比べると、それほど多くはありません。富山東は、グラウンドも、ほかの運動部との兼ね合いで、十分に練習をつむことができません。

それでも、富山東は、昨夏の高校野球富山大会で準優勝。
富山東は、近年はベスト8に進出することも多く、着実に力をつけています。また、国公立大学に多くの生徒を送り出す進学校でありながら、野球部は安定した力をつけているといえます。

そんな富山東高校を引っ張るのは、エースの佐々木創野投手。
しかしながら、富山東のエース佐々木投手も、高校野球秋季北信越大会準々決勝では、強豪の洗礼を浴びました。

富山東が高校野球秋季北信越大会準々決勝で対戦したのは、甲子園出場11回を誇る福井工大福井。
この試合で、富山東のエース佐々木投手は、カウントを取りにいったボールを次々と打たれたのです。結果的に、富山東も福井工大福井に11失点で、コールド負け。富山東にとっては、全国レベルの強豪との力の差を痛感させられる敗戦となりました。

強化試合で奈良・智弁学園に大敗。実力差まざまざ



高校野球の秋季北信越大会では、準々決勝で敗退したものの、21世紀枠候補に選ばれた富山東。
富山県勢が、高校野球春の甲子園21世紀枠の北信越候補に選ばれたのは、富山東が初めてでした。

21世紀枠候補に選ばれたことで、富山東にとっても、初の甲子園出場が現実味を帯びてきました。
富山県高野連でも、県内高校の強化を図るため、県外から強豪校を招いて、強化試合を行っています。この強化試合に招待されたのは、今春甲子園優勝の奈良・智弁学園。しかしながら、富山東は、智弁学園に0-9で完封負け。富山東は、強豪智弁学園との力の差を見せ付けられる結果となりました。

21世紀枠候補唯一の地区大会初戦突破


来春の高校野球センバツ甲子園大会の21世紀枠出場校が発表されるのは、1月26日となっています。

21世紀枠候補に選ばれた高校は、高校野球の秋季大会で勝ち上がった実力校ばかり。

なかでも、高知・中村は部員20人ながら、高校野球秋季高知大会で優勝。岐阜・多治見も、高校野球秋季岐阜大会を制しています。また、富山東と同じように、岩手・不来方は部員10人で高校野球秋季岩手大会で準優勝。栃木・石橋、宮崎・高千穂も高校野球秋季県大会で準優勝を果たしているのです。

しかしながら、21世紀枠候補で、高校野球の秋季地区大会を勝ち上がったチームはそれほどありません。
富山東だけが、唯一、秋季北信越大会の初戦で、新潟・村上桜ケ丘に勝利しているのです。残念ながら、ほかの21世紀枠候補は、秋季地区大会で勝ち星をあげることはできませんでした。

富山東としては、高校野球の秋季富山県大会準優勝に終わったものの、高校野球の秋季北信越大会で初戦突破した点を、どれほど評価されるかが焦点となるのではないでしょうか。

はたして21世紀枠候補9高校のうちから、どの高校が選ばれるのか。
来年1月26日の21世紀枠出場校決定を待ちたいと思います。

スポンサーリンク




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
登録していただくと更新情報が届きます follow us in feedly

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。