So-net無料ブログ作成
検索選択

再来年NHK大河ドラマ「西郷どん」、堤真一辞退で主演は鈴木亮平に 

堤真一オファー辞退で「花子とアン」出演の鈴木亮平に



2018年のNHK大河ドラマに決まった「西郷どん」。

当初は主人公の西郷隆盛を、堤真一さんが演じると報じられていました。ところが、堤真一さんが主演オファーを辞退していたことが明らかになったのです。

はたして、西郷隆盛を誰が演じることになるのか。インターネット上では様々なうわさが飛び交いました。最終的には、「西郷どん」の脚本家・中園ミホさんが手がけたNHK連続テレビドラマ「花子とアン」にも出演した鈴木亮平さんに主演が決定しました。

スポンサーリンク





ネットの主演候補予想には鈴木亮平、阿部寛、香川照之らの名が



スポーツ紙などで、大河ドラマ「西郷どん」の主演に内定したと報じられた堤真一さん。

ところが、その堤真一さんはオファーを断っていたことが明らかに。そのため、2018年大河ドラマ決定の発表では、NHK側も主演未定とするしかありませんでした。

西郷隆盛と大久保利通を主人公とした大河ドラマ「翔ぶが如く」にも出演した堤真一さん。

その堤さんが、西郷隆盛を演じるのでなければ、いったい誰が演じるのか?

インターネット上で主演候補として名前が噂されているのが、鈴木亮平さん。
鈴木亮平さんは、NHK連続テレビ小説「花子とアン」で、主人公村岡花子の夫役を演じました。「花子とアン」の脚本は、「西郷どん」の脚本を担当する中園ミホさん。そのため、主演として名前があがっているようです。

鈴木亮平さんは、身長181センチ。
かつて役にあわせて、体重を30キロ増やしたこともあり、和製「ロバート・デ・ニーロ」との異名もとっています。

180センチ近い大男だったといわれる西郷隆盛。大柄で、体重を増やした経験もある鈴木亮平さんは、西郷隆盛役にぴったりなのかもしれません。鈴木亮平さんは映画「ガッチャマン」に出演した際には、体重を15キロ増量。さらに薩摩弁のせりふもこなしました。このため、西郷隆盛にイメージにもっとも近い若手俳優といえるのかもしれません。

「西郷どん」主演決定までには、インターネットに数々の主演候補の名前が挙がりました。

その一人が阿部寛さん。
阿部寛さんといえば、大柄な西郷隆盛のように、189センチの高身長。コメディから時代劇まで、さまざまな役どころを演じてきました。「天地人」の上杉謙信役など、大河ドラマの出演も。しかしながら、52歳という年齢を考えると、若き日の西郷隆盛を演じられるのかという心配もありました。

もうひとりの有力候補として、名前が挙がっているのが香川照之さんでした。
香川照之さんも、演技の幅が広い俳優として知られています。大河ドラマも「龍馬伝」の岩崎弥太郎役など、印象的な役を演じたことも。しかしながら、香川さんは身長171センチと、西郷隆盛のように大柄ではありません。
また年齢も50歳と、青年時代の西郷隆盛を演じられるのかという懸念も。
それでも、童顔の香川さんなら若き日の西郷隆盛も、違和感なく演じられたのかもしれません。

過去には歌舞伎役者、ジャニーズ俳優も大河ドラマ主役に



これまでの大河ドラマでは、市川海老蔵さんら歌舞伎役者、香取真吾さんらジャニーズ俳優も主演を務めました。歌舞伎界で西郷隆盛の顔立ちに近そうなのが、市川右近さん、でしょうか。美男子ぞろいのジャニーズは、西郷隆盛のイメージとは遠いかもしれません。

さらには、SMAPの木村拓哉さんの名も噂されました。
SMAP解散騒動のイメージダウンを挽回するためとも報じられましたが、さすがにキムタクが西郷隆盛を演じるのは、無理があったようです。もっとも、信憑性のある話かどうかはわかりませんが。

2018年のNHK大河ドラマ「西郷どん」で、鈴木亮平さんがどのような西郷隆盛役を演じるのか。
楽しみになってきました。

スポンサーリンク






nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

大河ドラマ真田丸の楽しみ方95 大坂城からの千姫救出に真田幸村絡む? 

大河ドラマ「天地人」では、直江兼続と真田幸村が千姫救出



NHK大河ドラマ真田丸大坂の陣編で、注目される登場人物の一人が、豊臣秀頼の妻千姫。

徳川秀忠の娘として生まれ、豊臣秀吉のたっての願いで、徳川家から嫁いだ千姫。その生涯は波乱万丈でした。ご存知のように、千姫は大坂城が落城する前に救出されました。夫秀頼亡き後は、徳川家譜代大名・本多忠刻と再婚。ところが、夫の忠刻をはじめ、数々の親族が次々と世を去ったため、本多家を後にするのです。

その後、江戸に戻った千姫は、三代将軍徳川家光の姉として、大奥で絶大な権力を誇ったといいます。千姫は70歳で世を去っています。当時としては長生きでした。

気になるのは、千姫がどのように救出されるのか。直江兼続を主人公とした大河ドラマ「天地人」では、直江兼続と真田幸村が千姫を救出していることになっているのです。

はたして、真田丸でも、主人公真田幸村が千姫救出に動くことはあるのでしょうか?

スポンサーリンク





千姫を救出したのは津和野藩主・坂崎直盛



これまでも数多くの大河ドラマに登場してきた千姫。
妻夫木聡さん主演の大河ドラマ「天地人」では、真田幸村が、千姫に大坂城からの脱出を説得するという役回り。そして、主人公の直江兼続が千姫を祖父である徳川家康のもとへ送り届けるというストーリーになっていました。

ところが、千姫救出には、幸村も兼続も関わってはいません。
実際に大坂城から千姫を救出したのは、津和野藩主・坂崎直盛でした。この坂崎直盛は、もともと備前岡山城主であった宇喜多秀家のいとこ。御家騒動のため、宇喜多家から出奔。関ヶ原の戦いでは東軍に味方し、姓を宇喜多から坂崎と改めたのです。

大坂の陣にも出陣していた坂崎直盛は、大坂城落城寸前に千姫を救出するという大仕事をします。
千姫を可愛がっていた祖父の家康は、千姫を救出した者に、千姫を嫁にやるといったとか、いわなかったとか。

これにやる気になった直盛は、火傷を負いながら、千姫を救出してみせました。
とはいうものの、実際には豊臣方の武将が、直盛の陣に千姫を送り届けたともいわれています。
なにはともあれ、真田幸村も直江兼続も、千姫救出には関わっていません。そもそも、関ヶ原の合戦で徳川家にたてついた兼続と幸村が千姫を救い出したというのも、無理がある気が…。

ちなみに、大坂の陣の後、千姫が坂崎直盛に嫁ぐことはありませんでした。
千姫は徳川家譜代大名で、本多忠勝の孫・本多忠刻の妻となります。そればかりか直盛は、行列に襲いかかり千姫を奪おうとしたという疑惑をかけられてしまいます。または、直盛が千姫の再婚相手を公家から探すよう命じられたにもかかわらず、忠刻との再婚が決まったことに腹を立てたとも。

直盛の屋敷は徳川方に囲まれ、直盛は自害。坂崎家は改易となってしまったのです。

夫秀頼、再婚相手・本多忠刻亡き後も70歳まで長生きした千姫



その後も千姫の生涯は平坦なものではありませんでした。
本多家では、長男、夫忠刻、姑、そして母の江が次々と世を去ります。それに責任を感じた千姫は本多家を去り、江戸城に戻るのです。その後は大奥で権力を振るい、70歳まで長生きしたものの、千姫と関わった男たちは、いずれも早世してしまいました。

そんなドラマに彩られた千姫も、真田丸では、主人公の幸村と絡むことはあるのでしょうか?

スポンサーリンク






nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

日本シリーズ広島敗退…「神ってる」緒方監督采配で流れ失う? 

マツダスタジアムで広島2連勝も、日本ハムにまさかの逆転4連敗



広島の2連勝で始まったプロ野球日本シリーズ。

広島優位と見られたものの、札幌ドームに舞台を移してからは、日本ハムがまさかの4連続逆転勝ち。広島は自慢のリリーフ陣が終盤にことごとく痛打を浴び、接戦を落としてしまいました。32年ぶりの日本一は夢と消え、黒田博樹投手の引退の花道を飾ることはできませんでした。

栗山英樹監督の采配と大谷将平投手の投打の活躍が光った日本ハムが日本一。
広島はまさに、まな板の上のコイでした。なぜ、広島は優位な状況をみすみす手放したのか。そこには緒方孝市監督の采配のほころびがあったようです。

「神ってる」緒方監督の采配がぶれた原因は?

スポンサーリンク





第3戦ではDHを解除、第4戦では犠打の少ない鈴木誠也にバントのサイン



広島の本拠地マツダスタジアムで、パリーグ王者日本ハムに2試合連続で快勝した広島。
最高のムードで、日本ハムの本拠地札幌ドームに乗り込んだはずでした。日本シリーズは初戦を制したほうが、圧倒的に優位といわれています。

ところが、今季限りでの引退を表明した黒田博樹投手が先発した第3戦でした。
黒田投手は6回途中で足に張りを訴えて降板。シーズン中は、磐石の安定感を誇ったリリーフ右腕・ジャクソン投手が、日本ハムの4番中田翔選手に決勝打を浴びて、敗れてしまいました。

この試合で疑問が残ったのは、広島の采配でした。
緒方監督は、試合終盤でDH(指名打者)を解除してしまったのです。DH制のパリーグでは、日本ハムのエース・大谷翔平投手のような二刀流を除いて、投手が打席に立つことはあまりありません。

続く第4戦では、先発のルーキー岡田明希丈投手が6回1失点と好投したものの、またもジャクソン投手が決勝打を浴びて逆転負け。

リリーフ陣が持ちこたえられなかったとはいえ、攻撃で攻め手がありませんでした。
そして緒方監督の采配もチグハグ。終盤のチャンスで、シーズン中に3犠打しか記録していなかった鈴木誠也選手にバントのサイン。結局、鈴木選手はサインを見落とし、犠打失敗。強硬策に切り替えたものの、凡退してしまいました。

セリーグ独走優勝で競った展開での経験少なく?



そして第5戦も、先発のジョンソン投手が好投したものの、最後は抑えの中崎翔太投手がサヨナラ満塁弾を献上。優位な状況で札幌に乗り込んできたものの、逆に3連敗で日本ハムに王手をかけられてしまいました。

広島と日本ハムの差はどこからくるのか?
セリーグを独走で優勝した広島には、追い込まれた経験がありません。逆に日本ハムはシーズン終盤までシフトバンクと激しい優勝争いを繰り広げました。栗山英樹監督にも、1、2戦と落としても、なお余裕があったのかもしれません。

一方の広島は活発だった打線が影を潜めてしまいました。

第6戦は、最多勝の野村祐輔投手が先発したものの、失点を重ねる苦しい展開でした。
守備でも、内野の要であるショート田中孝輔選手が、相次いでエラー。そしてまたしても、終盤にセットアッパーのジャクソン投手が打ち込まれました。ツーアウトを奪ったものの、ピッチャーのバース投手にタイムリーを献上。さらに、レアード選手には満塁弾を浴びて万事休す。

さすがのジャクソン投手も、6戦連続で登板すれば、相手も目が慣れるでしょう。
なぜ、ほかの投手を選択しなかったのか。悔いが残ります。

ファンとしては、重松清さんの小説「赤ヘル1975」のように、歓喜の41年ぶり優勝パレードを、日本一で迎えたかったところ。来年は、日本シリーズでのリベンジなるか。広島ナインは、日本シリーズ敗退後、すぐに打撃練習を始めたそう。そんな健気なカープは、来年もやっぱり応援したくなる?

スポンサーリンク




nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

大河ドラマ真田丸の楽しみ方94 真田幸村が大坂城篭城に反対したのはなぜ? 

大坂城から、京都、瀬田へ討って出ることを主張する幸村



10月30日放送のNHK大河ドラマ真田丸は「軍議」。

主人公の真田幸村は、大坂城の外へ討って出ることを主張します。幸村の作戦は、京都を平定。琵琶湖にかかる瀬田橋で徳川軍を迎え撃つというものでした。幸村の作戦には、豊臣家の武将たちも賛同したものの、後藤又兵衛ら浪人の強硬な反対にあってしまいます。

幸村の作戦は実現することはありませんでしたが、幸村はなぜ瀬田橋まで討って出る策を主張したのか?
じつは父真田昌幸が幸村に授けたといわれるのが、瀬田橋で徳川家康を迎え撃つ策だったのです。

スポンサーリンク





昌幸が授けた打倒徳川の策は、瀬田に誘い込むゲリラ戦



九度山で世を去る最期まで、打倒徳川に執念を燃やしたとされる真田昌幸。
死期が近づいた昌幸は、徳川家康が豊臣秀頼を滅ぼそうとしていることを予見していたといわれています。そして、次男の幸村に打倒徳川家康の策を授けたといわれているのです。

昌幸の策は、尾張から関が原にかけて布陣し、徳川軍を迎え撃つというもの。
そしてゲリラ戦を展開しながら、巧妙に撤退し、最後は琵琶湖の瀬田橋まで誘い込みます。そして、瀬田橋を焼き落としてしまうのです。

当時、琵琶湖にかかる橋は瀬田橋しかありませんでした。そのため、古くから戦の舞台になってきました。
琵琶湖にかかる唯一の橋である瀬田橋を焼き落とされては、さすがの徳川の大軍も立ち往生してしまいます。昌幸は、混乱に陥った徳川軍を一気にたたくつもりだったのでしょう。

後藤又兵衛らに積極策を反対された幸村は真田丸を築くことに



とはいえ、この昌幸の策は、信憑性に疑問がもたれているのも事実。
もし後世の創作だったとすると、子の幸村が、父昌幸の策を参考にして積極策を主張したという話も成り立たなくなってしまうのですが…。

父昌幸が得意としていたのは、ゲリラ戦でした。
上田城合戦で徳川秀忠を破ったように、少ない兵力で大軍と戦うことを得意としていました。子の幸村も、父昌幸の戦いぶりを思い描いていたのでしょう。大坂城に篭城してしまっては、真田家得意のゲリラ戦を展開することはできません。

積極策が受け入れられなかった幸村は、大坂城を守るため「真田丸」を築くことになります。
もし、幸村の主張したとおり、大坂城から討って出ていれば、真田丸が築かれることもなかったかもしれません。そして大河ドラマの主人公となることも、「真田丸」というタイトルになることもなかったのではないでしょうか。

歴史とはわからないものです。

スポンサーリンク







nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

堤真一辞退の2018年NHK大河ドラマ「西郷どん」主演にキムタク? 

SMAP解散騒動のイメージ改善でジャニーズが猛プッシュ?



2018年のNHK大河ドラマに決まった「西郷どん」。

当初は堤真一さんが主演の西郷隆盛役とみられていたものの、辞退したことが判明。ここで、西郷隆盛役の候補にあがったのが、なんとSMAPの木村拓哉さんだというのです。報道によると、ジャニーズ事務所側がもうプッシュしているとか、いないとか。しかしながら、キムタクと西郷隆盛って、どう考えてもイメージが一致しないのですが…。

この報道には、西郷さんの地元鹿児島県からも反発が起きているのだとか。
はたしてキムタク隆盛は実現するのか?

スポンサーリンク





地元鹿児島のアンケート西郷役1位は西田敏行



2018年のNHK大河ドラマ「西郷どん」の主演は、堤真一さんとみられていました。
ところが、NHK側の制作発表の際に、主演が決まっていないことが判明。堤さんは内々のオファーを辞退していたことがあきらかになったのです。大河ドラマ「西郷どん」は、作家林真理子さんの原作、人気脚本家中園ミホさんの女性コンビでスタートすることが決まったものの、主演俳優未定という異例の事態となりました。

堤真一さんが西郷役を辞退したことで、インターネット上ではさまざまな俳優が候補にあがりました。
しかしながら、ここにきて、木村拓哉さんが主演候補に猛プッシュされているという噂が。SMAP解散騒動では、一人だけ悪役のようになってしまった木村拓哉さん。大河ドラマの主演で、イメージ回復を狙っているという背景が、この噂の根拠になっているようです。

それにしたって、キムタクと西郷隆盛じゃ、顔も姿かたちも全然違う、というのが正直なところ。
また、西郷さんの地元鹿児島県民も受け入れないだろうという、勝手な予測もあるようです。

じつは、地元紙南日本新聞が、西郷隆盛にふさわしい俳優は誰かというテーマでアンケートを行ったそう。
アンケートの1位は大河ドラマ「翔ぶが如く」で西郷を演じた西田敏行さん。
以下は宇梶剛士さん、小澤征悦さんと、いずれもNHK大河ドラマで西郷役を務めた俳優があがりました。

そのほかの候補としてアンケートにあがったのは、鹿児島出身の俳優ばかり。
沢村一樹さん、西郷輝彦さん、榎木孝明さん、山田孝之さんら。どちらかというと、スマートなイケメンというよりは、男臭いタイプの俳優が西郷役に望まれているようです。

「龍馬伝」の坂本龍馬役を断っていたキムタク



もちろん、こうした地元の声で、大河ドラマの主演が決まるわけではないのでしょう。
しかしながら、どう考えてもキムタクの西郷というのは、無理があるような気が…。木村拓哉さんには、もともと大河ドラマ「龍馬伝」での主演オファーがあったのだとか。ところが、長期間拘束されるため、断った経緯があったといいます。キムタクの坂本龍馬も見たかった気がしますが…。

このほかにも、鹿児島出身の俳優以外で有力視されているのが、鈴木亮平さん。
役に合わせて、体重を増量した経験も、大柄な西郷隆盛役に生きてくるかもしれません。さらには「西郷どん」の脚本を担当する中園ミホさんが手がけたNHK連続テレビ小説「花子とアン」にも出演しています。

はたして、2018年の大河ドラマ「西郷どん」の主演が決まるのはいつなのか。
そして、誰になるのか。発表を楽しみに待ちたいと思います。

スポンサーリンク






nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

大河ドラマ真田丸の楽しみ方93 真田幸村ら大坂五人衆と「太陽にほえろ」の共通点は? 

豊臣秀頼は幸村を総大将に望むものの、後藤又兵衛らが猛反対



NHK大河ドラマ「真田丸」大坂の陣編で、徳川家康の大軍に挑んだのが「大坂五人衆」。

大坂五人衆とは、主人公真田幸村をはじめとして、後藤又兵衛、毛利勝永、長宗我部盛親、明石全登の五人。大坂五人衆は、いずれも元大名や、大名家の重臣として活躍した武将ばかり。大坂五人衆は、お家再興を夢見て、大坂城に集まってきたのです。

しかしながら、みなプライドが高いため、お互いにいがみ合ってばかり。大坂城の主豊臣秀頼は、真田幸村を総大将にと望みますが、ほかの4人は拒否。真田丸では、大坂五人衆をまとめるため幸村が一計を案じるというのですが…。

大坂の陣に散った大坂五人衆。この個性的な面々、じつは刑事ドラマ「太陽にほえろ」をイメージしたというのです。はたして、大坂五人衆と太陽にほえろの共通点は?

スポンサーリンク





幸村、後藤又兵衛、明石全登、長宗我部盛親、毛利勝永の「大坂五人衆」



大坂五人衆で、主人公真田幸村の盟友ともなるのが、哀川翔さん演じる後藤又兵衛。
後藤又兵衛はもともと、黒田官兵衛に仕え、1万6000石もの領地をあたえられた重臣でした。ところが、官兵衛の嫡男長政と衝突し、黒田家を後にします。

じつは敵将の徳川家康がもっとも恐れたのが、この後藤又兵衛だったといわれています。後藤又兵衛は「摩利支天の再来」と称されたほど、その武勇で知られていました。主人公の真田幸村とは、砦「真田丸」の築城をめぐって、対立したものの、やがて協力して戦うように。しかしながら、大坂夏の陣では、その幸村の救援が濃霧のため遅れ、敵に突入して討ち死にしてしまいます。

大坂五人衆のうち、真田丸では九度山の真田幸村を訪ねたことになっているのが明石全登です。
明石全登は、豊臣政権五大老の一人、宇喜多秀家に仕えていました。しかしながら、主君の宇喜多秀家は、関が原の戦いで西軍について戦ったため、改易されてしまいます。

浪人となった明石全登は黒田長政らの庇護を受けていたものの、出奔してしまいます。明石全登がキリシタンであったことが、出奔の理由となったようです。江戸幕府は、キリスト教の信仰を禁止しました。その手前、明石全登も大名家の世話になることもできなくなったのです。そこで、大坂城の豊臣秀頼のもとに馳せ参ずることになります。秀頼がキリスト教の信仰を認めたからだったとわれています。

大坂五人衆には、真田幸村と同じように、元大名も含まれていました。
その一人が、長宗我部盛親です。長宗我部盛親は土佐の領主・長宗我部元親の四男として生まれたものの、長男信親が戦死したため、家督を継ぎます。ところが、関が原の合戦では西軍に参加。その後、徳川家康に謝罪したものの、兄を殺害したことをとがめられ、改易。京都で蟄居します。

長宗我部盛親は改易され、蟄居の身でありながら、危険人物として幕府の監視下におかれていました。
大坂の陣が起こると、長宗我部盛親は幕府の監視をかいくぐり、大坂城に入城します。その際、ちりぢりになっていた長宗我部家の旧家臣団が合流。その数は1000人を超え、大坂城内の一大勢力となったといわれています。長宗我部盛親は大坂夏の陣で敗れた後、京都に潜伏していたところを捕らえられます。市中引き回しの上、六条河原で斬首されたのです。

大坂五人衆のもう一人の元大名が、岡本健一さん演じる毛利勝永です。
もともと豊臣秀吉の家臣だった毛利勝永は、旧姓を「森」といいました。秀吉の命で、森から「毛利」に改称したようです。そのため、関が原の合戦で西軍の総大将となった毛利輝元とは、血縁関係はありません。

関が原の合戦で西軍についた毛利勝永は改易され、土佐の領主となった山内家に預けられます。
ところが、豊臣秀頼の招きにより、土佐を脱出。このとき、毛利勝永は東軍の山内軍に参加するとうそをついて、土佐を出国したようです。

毛利勝永は大坂夏の陣で、徳川家康の本隊に突入。このとき、家康は死を覚悟するほどの混乱に陥ります。しかしながら、真田幸村隊が壊滅したため、大坂城に退却。豊臣秀頼の介錯をした後、自害したといわれています。

真田幸村は太陽にほえろの「ボス」?



真田丸の脚本家・三谷幸喜さんは、太陽にほえろをイメージして、大坂五人衆をキャスティングしたそう。
いったい大坂五人衆の誰が、太陽にほえろの登場人物に相当するのでしょうか。

真田幸村=ボス(石原裕次郎
後藤又兵衛=山さん(露口茂)
長宗我部盛親=ゴリさん(竜雷太)
毛利勝永=ジーパン(松田優作)
明石全登=長さん(下川辰平)

といったところでしょうか。太陽にほえろのように、全員が殉職してしまうわけですが。
はたして、大坂五人衆の誰が、太陽にほえろの登場人物をイメージしたのか。そんなことを連想するのも、大坂の陣編の楽しみになりそうです。

スポンサーリンク






nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

阪神ドラフト1位指名、白鴎大・大山選手ってどんな選手? 

佐々木投手単独指名を蹴っても、阪神が1位指名した大山選手



157キロ右腕、創価大・田中正義投手の5球団競合が注目された今年のプロ野球ドラフト会議。

もうひとつ、大きな話題となったのが阪神がドラフト1位指名した大山悠輔選手。
大学日本代表の4番を売ったほどの好打者ながら、全国的には無名の存在。しかも、阪神は、桜美林大・佐々木千隼投手を単独1位指名できるチャンスを蹴ってまでの大山選手の指名でした。佐々木千隼投手は外れ1位ながら5球団競合という好投手。これには、なぜという声があがったほど。

阪神が大山悠輔選手の指名を決めたのはドラフト会議直前。金本知憲監督のたっての希望で決まったのだとか。阪神がドラフト1位指名した大山選手とは、どんな選手なのか?

スポンサーリンク





大山選手は「ヤクルト山田タイプ」と金本監督が高評価



先発ができる即戦力投手が補強ポイントだった阪神。
今年のドラフトでは、桜美林大の150キロ右腕・佐々木投手がドラフト1位候補とみられていました。

今年のドラフトの目玉は、なんといっても創価大の157キロ右腕・田中正義投手。
田中投手には、巨人、広島、日本ハム、ロッテ、ソフトバンクの5球団が競合。この田中投手指名を見送った阪神は、もうひとりの好投手、桜美林大・佐々木投手を単独指名できる絶好のチャンスでした。ところが、阪神がドラフト会議直前になって指名を決めたのは、意外な候補だったのです。

阪神からドラフト1位指名された大山選手を高く評価していたのは、金本監督。
金本監督の悩みは、三塁手のレギュラーを固定できなかったことでした。三塁を本職とする大山選手が、レギュラーに定着できるようになれば、内野の穴を埋めることができます。

つくば秀英高時代は無名も、大学日本代表4番を打つまでに成長



とはいえ、大山選手はアマ球界でも無名の存在。
中学時代には、軟式野球の全国大会で3位に輝いたことも。しかしながら、遊撃兼投手を務めた、つくば秀英高校時代は、県大会8強が最高で、甲子園出場はなし。同世代の大谷翔平(日本ハム)、藤波晋太郎(阪神)の両投手は雲の上の存在でした。

それでも、大山選手は白鳳大進学後、めきめき成長します。
大学通産16本塁打。今春の関甲新リーグでは、シーズン最多記録となる8本塁打を放っています。その成長が認められて、大学日本代表の4番打者を務めるまでになったのです。しかも、大山選手は、ウェートトレーニングを本格的にしていないそう。プロ入り後のトレーニングによっては、まだまだ伸びしろがあるといえそうです。

金本監督も、大山選手について「右の大砲候補」「ヤクルト山田選手タイプ」と賛辞を送っています。

また、一見、温厚そうな大山選手ですが、大学時代には右肩を脱臼しながら試合出場したことも。
骨折しても片腕一本でヒットを打ったこともある金本監督好みの選手なのかもしれません。遠投110メートル、背筋力205キロ、50メートル走6秒2という身体能力の高さも、3割30本塁打30盗塁を達成したこともある金本監督の現役時代をほうふつとさせます。

とはいえ、阪神は人気球団ゆえにファンやマスコミからのプレッシャーも相当なもの。
大山選手もドラフト1位選手として、これから一挙手一投足が注目されることでしょう。そのプレッシャーをどのようにはねのけるのか。それとも、ヤクルト山田選手のように、プロ入り後に大化けするのか。

アマチュア時代は無名だった大山選手。
これから注目ルーキーのひとりとなりそうです。

スポンサーリンク






nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

森元首相も肺がんにオプジーボ投与?小野薬品の株価反発! 

週刊ポスト、森元首相が小野薬品「オプジーボ」で肺がん治療と報じる



森喜朗元首相が、新薬「オプジーボ」で肺がん克服?

週刊ポストにこのような記事が掲載された影響か、低迷していた小野薬品工業株価が反発しました。週刊ポストの記事によると、森喜朗元首相は昨年に肺がんの除去手術を受けたといいます。しかしながら、今年になって肺がんが再発。抗がん剤治療によって体調が悪化してしまったそう。ところがオプジーボの投与を始めたところ、急激に体調が改善されたのだとか。

週刊ポスト記事の信憑性はともかく、低迷が続いていた小野薬品工業の株価は上昇に転じるのか?

スポンサーリンク





森元首相の肺がん再発に、小野薬品「オプジーボ」が効果?



新たながん治療薬として注目される「オプジーボ」。

そのネックは高額であること。オプジーボの投与を1年間続けると、1人あたり年間3500万円の薬代が必要になるという試算も。現在、オプジーボが薬として承認されているのは、皮膚がんと肺がん。森元首相の記事が真実かはともかく、肺がん患者ならば保険が適用され、薬代3500万円のうち3000万円が国の負担となるのだとか。

このオプジーボは、開発販売元である小野薬品工業の業績向上にも貢献してきました。

それにつられるように、小野薬品工業の株価も乱高下。小野薬品工業の株価は、今年5月に年初来高値を記録。かと思えば、8月には一転してストップ安気配に。小野薬品工業とオプジーボを共同開発する米ブリストル・マイヤーズ・スクイブの肺がん患者への臨床試験が不調に終わったことが、株価急落の背景でした。

しかし、話はここで終わりませんでした。
今年のノーベル医学・生理学賞の有力候補に、「PD-1」を発見した本庶祐京大名誉教授があがったのです。本庶教授の「PD-1」は、オプジーボの開発につながりました。

そのため、ノーベル賞関連銘柄として、小野薬品工業の株価が急騰。実際には、本庶教授ではなく、「オートファジー」の大隅良典東工大栄誉教授がノーベル医学・生理学賞を受賞したものの、小野薬品工業の株価は騰がり続けたのです。

政府は厚労省案上回る「オプジーボ」薬価50%引き下げを指示



ところが、ノーベル賞効果の反動か、小野薬品工業の株価は再び下がり始めます。
小野薬品工業の売りにつながったのが、コペンハーゲンでのオプジーボ肺がん臨床試験の詳細結果の発表。

そして、もうひとつ。
政府がオプジーボの大幅な薬価引き下げを指示したことも、売りに拍車をかけたのでは、とみられています。もともと厚労省は、オプジーボの薬価25%の引き下げを示していました。ところが経済財政諮問会議で要求としてあがったのは、厚労省案を上回る50%の薬価引き下げでした。

オプジーボの高額さが、国家財政圧迫の一因になりかねないのは事実。
またオプジーボと同種のがん治療薬は、海外では半分の価格だとも指摘されています。
一方で、急激な薬価引き下げには、小野薬品工業など製薬メーカーの経営にも影響するでしょう。

と、マイナス材料が出揃ったところで、小野薬品工業の株価が反発。
週刊ポストの森元首相のオプジーボ投与の記事が影響したかどうかはわかりませんが・・・。
小野薬品工業の株価が下がりすぎた反発なのでしょうか。

スポンサーリンク






nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

田中正義投手はソフトバンクがドラフト1位指名!広島、巨人は抽選外れ 

最速157キロのドラフト目玉右腕も、春の故障で評価落とす?



明日10月20日に迫ったプロ野球ドラフト会議。

今年は大学球界を中心に「10年に一度の大豊作」と呼ばれる当たり年。日本ハム・大谷翔平投手、阪神・藤浪晋太郎投手らを輩出した「大谷世代」がドラフトの指名対象となります。

なかでも大学球界でトップクラスの評価を受けてきたのが創価大・田中正義投手。田中投手は、最速157キロを誇る本格派右腕。多くのプロ野球球団がドラフト上位候補として追いかけてきた逸材。ところが、春先に右肩をいためた影響で、撤退する球団も。それでも、故障さえなければ1年目から、10勝以上は間違いないともいわれています。

ドラフト会議での競合が確実視されている田中正義投手。
注目の抽選では、ソフトバンクの工藤監督が当たりくじを引きました。

スポンサーリンク





即戦力望むロッテがドラフト1位指名を明言



ドラフト会議での田中正義投手1位指名を、いち早く公言したのはロッテ。
右肩の故障に不安は残るものの、すでに実力はチェック済み。さらに即戦力投手が必要という、チーム事情もあるようです。ロッテの伊東勤監督も、「将来性より来年の投手」と指名を明言しています。

これまでのロッテのドラフト1位指名選手を振り返ると、昨年が仙台育英高の平沢大河選手。
一昨年は早稲田大の中村奨吾選手と、いずれも野手の指名でした。
即戦力の先発投手となると、2013年の石川歩投手。石川投手は今シーズン14勝をあげています。
2011年のドラフト1位藤岡貴裕投手は、巨人・菅野智之、広島・野村祐輔投手と並んで「大学ビッグ3」と称された左腕ですが、プロ入り後はやや伸び悩んでいる印象。

若手投手が伸び悩んでいるロッテだけに、田中正義投手を獲得したいところなのでしょう。

ソフトバンクが抽選のすえ田中投手の交渉権を獲得



パ・リーグで田中正義投手の1位指名に成功したのが、ソフトバンクでした。

田中正義投手指名が有力視されていたパリーグ球団が、ソフトバンク。
ソフトバンクのドラフト1位指名は、昨年、一昨年と高校生投手(高橋純平、松本裕樹投手)でした。そして、即戦力は豊富な資金力を背景に、FA選手で補強してきた経緯があります。

しかしながら、選手層が全体的にベテラン、中堅が中心になりつつあります。今シーズン優勝を逃したことも、即戦力の田中正義投手のドラフト1位指名を後押しするのかもしれません。

また、日本ハムは大谷翔平投手を一本釣りしたように、一番の選手を指名するというのがポリシー。
今年のドラフトも例外ではなく、日本ハムは、ナンバーワンの評価を得ている田中正義投手を指名するのではないかとみられていました。日本ハムの栗山英樹監督と田中正義投手は、創価高の先輩後輩という縁も。しかしながら、ここにきて、甲子園優勝投手の作新学院・今井達也投手を指名するという予想も。誰を指名するかは、当日まで、わからないようです。

一方、セリーグをみると、ドラフト1位指名選手を公言する球団は少数。

そのなかで、田中正義投手を1位指名するとみられているのが、巨人。
巨人投手陣は、菅野智之、田口麗人投手をのぞくと、ベテランぞろい。主力となってきた内海、杉内、大竹投手らも故障がちに。そうすると、1年目から勝ち星が計算できる投手が是が非でもほしいところでしょう。故障の心配は残るものの、田中正義投手の1位指名もありえなくもなさそうです。

そしてドラフト会議直前になり、広島も田中正義投手の1位指名を明言。
昨年、大リーグ・ヤンキースから復帰した黒田博樹投手が引退を表明したことで、勝ち星の計算できる田中投手の1位指名に傾いたのかもしれません。

たとえ田中正義投手の抽選に外れても、ドラフト大豊作の年。
外れ候補でも、好素材が指名できる可能性は十分にあります。そのため、各球団とも競合覚悟で、有力選手の指名に踏み切るかもしれません。

スポンサーリンク






nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

大河ドラマ真田丸の楽しみ方92 戦国版サウンドオブミュージック?「雁金踊り」本当にあった? 

おこうが踊った「雁金踊り」の間に、九度山から大坂城に脱出



NHK大河ドラマ真田丸の第41話は「入城」。

主人公・真田幸村が、ついに豊臣秀頼の待つ大坂城へ入城を果たします。しかし、幸村は九度山で幽閉され、紀州浅野家の監視を受ける身。脱走したと気づかれるわけにはいきません。

そこで、幸村たちが監視の目を逃れるために演じたのが真田名物「雁金踊り」。そう、かつて真田信之の妻おこうが、信繁と梅の祝言で踊ったあの踊りです。幸村たちが雁金踊りを踊っている間に、一人ずつ消えてゆき、気がついたときには大坂城に向かって脱走していたのです。

インターネットではこの様子が映画サウンドオブミュージック」で、主人公一家が亡命するシーンにそっくりとの指摘も。はたして、たびたび真田丸に登場する雁金踊りとは?

スポンサーリンク





真田家の家紋になった「雁金」



雁金踊りの雁金とは、渡り鳥の「ガン」。

この雁金は「結び雁金」という真田家の家紋になっています。この家紋・結び雁金は、「結び雁金めでたけれ」と雁金踊りのせりふの一節にもなっています。

雁はもともと、中国の故事から、幸せを運ぶ鳥とされてきました。また武家の象徴である、弓矢の飛ぶ姿と雁が似ていることから、武家の家紋にも取り入れられるようになったといわれています。

真田家のほかにも、織田信長の重臣柴田勝家、徳川家康の家臣平岩親吉らの戦国武将も、雁金を家紋としています。このように、雁金は家紋としてはポピュラーなデザインといえます。現代でも、家紋として使っている家が少なくないようです。

真田丸に登場する「雁金踊り」は、この家紋を下敷きにしているようですが、ドラマの創作なのでしょうか?
真田丸よりも、あとの江戸時代元禄年間には、「雁金五人男」として、歌舞伎や人形浄瑠璃の題材にもなっています。とはいえ、この雁金五人男とは、大阪で乱暴狼藉を働いたならずもののこと。真田名物「雁金踊り」のように、めでたいお話ではないようです。

ただ、ならずもののはずの雁金五人男は、歌舞伎では悪人と戦う弱者の味方として脚色され、人気を得ます。強敵徳川家康に立ち向かったという点では、真田幸村と共通点があるのかもしれません。ただ、真田丸とは時代が異なります。

「サウンド・オブ・ミュージック」の亡命するシーンにそっくり?



インターネットでは、この雁金踊りが、ある映画のワンシーンと似ているという声があがりました。

その映画とは名作「サウンド・オブ・ミュージック」。ハンガリー帝国の退役軍人トラップ一家が、ナチスの手を逃れて、スイスに亡命するシーンそっくりなのです。この有名なシーンでは、トラップ一家が合唱コンクールに登場。歌い終わった一家は舞台から消えますが、審査結果の発表に移っても舞台に登場しません。コンクールの間に、一家は劇場から脱走。そして山を越えて、スイスに逃れるのです。

たしかに亡命したトラップ一家と、九度山から大坂に逃れる幸村一家と、その境遇は似ています。
また互いに、ナチスと浅野家の監視を受けていたことも、通じるところがあります。「サウンド・オブ・ミュージック」の合唱のように、真田名物「雁金踊り」がはたして実在したかはわかりませんが…。

こうの踊ったユニークな雁金踊りが、九度山からの脱出劇でも再び使われるとは。
第41話「入城」は、三谷幸喜さんの演出にうならされる回となりました。

スポンサーリンク






nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
登録していただくと更新情報が届きます follow us in feedly

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。