So-net無料ブログ作成
検索選択

大河ドラマ真田丸の楽しみ方102 佐助に家康暗殺命じる幸村!その原作は? 

NHK大河ドラマ「真田丸」第48話「引金」で、主人公の真田幸村は、徳川家康暗殺に乗り出します。

幸村が徳川家康暗殺を命じたのは、藤井隆さん演じる忍びの佐助でした。
もっとも、佐助自体が空想の人物。そのため、幸村が、家康暗殺に乗り出したのかどうかは、はっきりしません。

しかしながら、大坂冬の陣では、豊臣方と徳川方との和睦が成立したことで、徳川家康によって大坂城は外堀を埋められ、真田丸も破却されてしまいました。幸村ら牢人衆も、それだけ追い詰められていたのでしょう。

「真田丸」以外にも、多くの時代劇や歴史小説に登場してきた真田幸村
「真田丸」のように、幸村が家康暗殺を命じたとする作品は、じつは少なくないのです。






スポンサーリンク





藤井隆演じる佐助は架空の忍者?



真田丸では、藤井隆さんが演じる忍びの佐助

佐助は空想の人物だといわれています。

忍者佐助は、明治時代末から大正時代にかけて書かれた講談もの「立川文庫」に登場したことで、広く知られることになりました。

佐助のモデルとなったのは、猿飛仁助という盗賊ともいわれています。または、仁助の子孫が佐助という説も。一方で、佐助が実在したという説もあるようです。

佐助とされているのは、伊賀の忍者・上月佐助。徳川家康は、大坂夏の陣の後に、服部半蔵に命じて伊賀の残党狩りをさせていたとも。大坂夏の陣で、真田の忍びが、忍術を駆使したことへの報復ともされているのです。このことが、佐助、もしくは佐助のモデルが実在した根拠とされているようです。

「風神の門」では、霧隠才蔵と家康暗殺狙う



大坂の陣で真田の忍びが暗躍したという説は、根拠のないことでもなさそうです。

そのためか、多くの時代劇や歴史小説で、真田の忍びが活躍する様子が描かれてきました。

その代表的存在が、故司馬遼太郎さんの小説「風神の門」。この「風神の門」でも、佐助が徳川家康を暗殺しようと付けねらいます。しかしながら、佐助が徳川家康を暗殺しようと暗躍するのは、大坂の陣以前の時期。そして、佐助単独ではなく、霧隠才蔵とともに家康を狙うのです。

真田十勇士でおなじみの霧隠才蔵は、真田丸には登場しません。

「真田太平記」では奥村弥五兵衛が刺客に



また、かつてのNHK時代劇「真田太平記」でも、真田の忍びが、徳川家康暗殺を狙う様子が描かれています。

ただ、真田太平記で家康を暗殺しようとするのは、佐助ではなく、奥村弥五兵衛という忍者。
奥村弥五兵衛は、徳川家康の命を狙い続けます。そして、関が原の合戦では、家康の影武者を討ち取ることになっています。真田太平記の原作者・池波正太郎さんには、この奥村弥五兵衛を主人公にした「やぶれ五兵衛」という作品もあります。

真田丸の脚本家・三谷幸喜さんも、おそらく「風神の門」や「真田太平記」を参考にしているのでしょう。
はたして、真田丸の佐助は、どのやって徳川家康暗殺を狙うのか。見どころのひとつとなりそうです。

スポンサーリンク




nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

大河ドラマ真田丸の楽しみ方101 火縄銃の新兵器「宿許筒」で、幸村は家康狙った? 

12月4日放送のNHK大河ドラマ「真田丸」第48話は「引金」。

大坂冬の陣の和睦に伴い、徳川家康によって大坂城は外堀を埋められ、真田丸も破却。大坂城にこもっていた牢人衆は行き場を失ってしまうのです。

その翌年には、大坂夏の陣を迎えることになるものの、裸同然となった大坂城での篭城は不可能になります。大坂城の牢人衆は、徳川方に向かって討って出るしかなくなってしまうのです。

しかしながら、ここで主人公・真田幸村は新たな武器を手にします。その武器とは「宿許筒」という火縄銃の短銃だったようです。幸村は大坂夏の陣で、この「宿許筒」を構えて、馬上から徳川家康を狙ったといわれています。

はたして、真田幸村が手に入れた「宿許筒」が、標的・徳川家康をとらえることはあったのか?






スポンサーリンク





幸村の新兵器は短銃式火縄銃?



大坂夏の陣で、真田幸村が使ったとされる「宿許筒」。

この「宿許筒」を紹介した新聞記事によると、「宿許筒」は銃身の長さが40センチほど。連射もできるそうです。「宿許筒」には、時計のバネや歯車などを使った技術が取り入れられ、当時の最新技術が使われていたとも。

この「宿許筒」が、どのような経路をたどって、真田幸村の手に届いたのかは、はっきりしません。
ただ、真田幸村が、この「宿許筒」を使ったという記録は、紀州徳川藩の歴史書「南紀徳川史」にも記されているそうです。

とはいうものの、この「南紀徳川史」が編纂されたのは1888年から1901年にかけて。大坂の陣からは270年もあとのことです。真田幸村が「宿許筒」を使ったというのも、どれほど正確な記録なのか…。

戦国時代の日本は世界有数の火縄銃大国



よく知られているように、火縄銃は1543年、鹿児島県の種子島に外国から持ち込まれました。
それから、火縄銃の生産は、日本各地に拡散。戦国時代末期の国内所持量は50万丁を数えたといわれています。当時の日本は、世界でも類を見ない鉄砲大国でした。

火縄銃といえば、織田信長が武田勝頼を破った長篠の戦いが、頭に浮かぶのではないでしょうか。
織田信長は、長篠の戦いで火縄銃3000丁を用いて、三段撃ちを行ったといわれています。ただ、この説は、疑問視されているようです。

そもそも、信長が3000丁もの火縄銃を用意できたかどうか。そして、武田軍が長時間にわたって、火縄銃の標的になり続けることがあったのかどうか。長篠の戦いでは、信長の三段撃ちが効力を発揮したのではなく、武田軍が火縄銃の銃声と硝煙に戸惑ったのではないかという説もあるようです。

ただ、織田信長が火縄銃使用のさきがけとなったことは間違いないようです。
戦国時代には、滋賀の国友、日野、和歌山の根来、大阪の堺などで火縄銃がさかんに生産されました。たしかに、その過程で、真田幸村が手にしたとされる短銃「宿許筒」が開発されたとしても不思議はありません。

馬上から「宿許筒」を落とし、徳川家康を狙撃できず?



しかしながら、火縄銃を馬上で用いると、ゆれるために命中度が下がってしまいます。

また、一般的な火縄銃は銃身の先から、一発ずつ弾丸と弾薬をこめなければならないため、すぐに発射できるわけではありません。戦国時代末期には、弾丸と弾薬を一まとめにした「早合」が開発されたものの、現代の実験では6発発射するのに44秒。さらに、実際には不発もあったものと思われます。

真田幸村は「宿許筒」を用いたとされるものの、馬上から落としてしまい、家康を撃てなかったといいます。
もっとも、幸村が本当に「宿許筒」を発射させていたとしたら、歴史も変わっていたことでしょう。

はたして、この「宿許筒」、真田丸でどのように描かれるのでしょうか?

スポンサーリンク




nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

大河ドラマ真田丸の楽しみ方100 茶々を震え上がらせた家康の大砲は英国製? 

NHK大河ドラマ「真田丸」大坂の陣編のキーポイントのひとつが、徳川家康が打ち込んだ大砲。

大坂城は10年間は持ちこたえることができると、自信満々だった茶々も、徳川家康の大砲によって戦意を喪失。いっきに、和睦へと傾いていきます。

当時の大砲は、火力も、精度も、それほど高いものではありませんでした。ところが、徳川家康の陣地から打ち込まれた大砲は、大坂城を直撃。これによって大坂城の侍女8人が、亡くなったといわれているのです。

大砲によってもたらされた大坂冬の陣の和睦。豊臣方は大坂城の外堀を埋められ、真田丸も破却。戦況は、豊臣方にとって、いっきに不利になってしまったのです。

はたして、大坂城の茶々を震え上がらせた徳川家康の大砲とは、どのようなものだったのでしょうか?






スポンサーリンク





大坂の陣前に英国製「カルバリン砲」「セーカー砲」購入?



大坂の陣で、徳川家康が用いた大砲が、大坂城に向かって火を噴きました。

徳川家康は、大坂の陣に備えて、外国から大砲を購入していました。
そのうちイギリスから購入したといわれるのが「カルバリン砲」。また「セーカー砲」という大砲も、イギリスから輸入しています。カルバリン砲よりも、セーカー砲のほうが、小型だったようです。セーカー砲はそのぶん、砲身が長く、射程距離も長かったようです。また、徳川家康は、オランダからも「カノン砲」を輸入していたとみられています。

徳川家康は、輸入した大砲だけではなく、国内でも大砲を鋳造させていたといいます。
当時の大砲は、火縄銃のように、火薬で鉛の砲弾を飛ばすものでした。砲弾は着弾しても、爆発するようなことはなかったのではないでしょうか。

もっとも、当時の大砲は、射程も、精度もそれほど高くありませんでした。
しかしながら、徳川家康は執拗に、大砲を撃ち続けたといわれています。この砲撃に、大坂城の茶々は、今日を感じるように。やがて、大坂冬の陣は和睦へといたるのです。

徳川家康は、大坂城の茶々に精神的なダメージを与えるため、大砲を用意していたのでしょうか。

堺の鍛冶に、国産大砲をつくらせる?



大坂の陣で、徳川家康はどれほどの数の大砲を用意したのでしょうか。

一説には100門ともいわれますが、はっきりしたことはわかりません。もし仮に、徳川家康が100門もの大砲を用意していたとすれば、カルバリン砲やセーカー砲といったイギリスからの輸入品だけでは間に合わなかったのではないでしょうか。

徳川家康は、堺や国友の鍛冶に、大砲をつくらせたといわれています。
日本には戦国時代に、海外から火縄銃が、そして大砲が持ち込まれました。とくに火縄銃は、戦国時代に武器として、さかんに製造されることになります。その技術を応用したのが、徳川家康が大坂の陣で用いた大砲だったのでしょう。

江戸時代には国産大砲製造下火に



ヨーロッパでは、1630年ごろに、車輪つきの大砲が開発されています。
徳川家康が用いた大砲は、車輪つきではなく、固定式だったようです。

大坂の陣の後、江戸時代に入ると、日本では戦乱がない平和な時代に入ります。大砲が使われる機会も、島原の乱などを除くと、ほとんどなくなってしまいました。そのため、大坂の陣で威力を発揮した日本の大砲は、大きく技術が進むことはなかったようです。

この大砲の技術の遅れが明らかになるのは、幕末から明治にかけて。
ペリーの黒船が来航したころでした。海外輸入の大砲を使って、豊臣方を震え上がらせた家康には、やはり先見の明があったといえるのかもしれません。

スポンサーリンク




nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

大河ドラマ真田丸の楽しみ方98 大坂冬の陣和睦!真田丸破却の交渉を決めたのは誰? 

11月27日放送のNHK大河ドラマ「真田丸」は「反撃」。

大坂冬の陣は、大坂城の南側に真田幸村が築いた真田丸での攻防こそ、豊臣方に有利に進んだものの、徳川家康が打ち込んだ大砲によって戦況が一変。大砲は、大坂城の茶々に恐怖心を与え、一気に徳川方との和睦に傾くことに。

この豊臣方と徳川方の和睦の条件となったのが、大坂城外堀を埋めること、そして真田丸の破却でした。
真田丸の破却は、大坂城の外堀が埋められたのだから、当然の成り行きだったのかもしれません。

ところが、この和睦の条件に、後藤又兵衛や毛利勝永らは、激怒します。牢人五人衆にとっては、寝耳に水のことだったからです。牢人衆にとっては、行き場を失ってしまうことになるためです。

はたして、この和睦をまとめたのは、誰だったのでしょうか?






スポンサーリンク





大坂城への砲撃で、家康との和睦決意した茶々



大坂冬の陣の和睦交渉をまとめたのは、意外なことに女性たちでした。

当初は戦意にみなぎっていた茶々も、徳川家康が大坂城に打ち込んだ砲弾によって、恐怖心から戦意を失います。また、徳川方も豊臣方の米買占めによる兵糧不足のため、和睦を模索していたのです。

豊臣方は当初、茶々が人質として江戸に向かうこと、それと引き換えに、牢人のための領地を与えることを求めたといいます。ところが、徳川家康はこれを拒否してしまうのです。

茶々の妹「初」が豊臣家の交渉役に



和睦はあくまで一時的なものにすぎませんでした。
徳川家康としては、豊臣家を利するような条件を飲むつもりはなかったのでしょう。

ここで、豊臣方から交渉に乗り出したのが、常高院(初)でした。
常高院は、茶々の妹。豊臣秀頼にとっては叔母にあたります。常高院は、徳川方の大名である京極高次の正室であったものの、姉茶々を助けるためか、大坂城にとどまっていました。

そして、常高院は、徳川家康の側室・阿茶の局と和睦の交渉にあたるのです。

豊臣方が牢人の領地を求めるも、家康は拒否



常高院と阿茶の局がまとめた和睦の条件が、大坂城の外堀を埋めることでした。
また、大坂城の二の丸、三の丸も破却。それにともなって、真田丸も破却されてしまいます。

はたして、二人の間にどのようなやり取りがあったのかわかりません。
ただ、不利に陥った豊臣方に、選択の余地はなかったのでしょう。これによって、大坂城は裸城となり、篭城を続けることはできなくなってしまいます。

和睦で行き場失った大坂城牢人衆


この和睦には、牢人たちも不満だったのかもしれません。
豊臣方は当初、徳川家康に牢人たちの領地を要求したといいます。大坂城に篭城していた牢人は、10万人を数えたといいます。豊臣方にとっても、これほどの人数の牢人衆を抱え続けるのは、困難です。大坂冬の陣も終結し、領地も与えられないとなると、牢人衆も行き場を失うことになります。

事実、大坂冬の陣の和睦後、牢人衆が乱暴狼藉を働いていることが、徳川家康に報告されたのだとか。
行き場を失って乱暴狼藉に及んだのか、食い詰めた末のことだったのか…。

「真田丸」では、牢人の処遇をめぐって、主人公・真田幸村が奔走するようですが、悲しいことに、幸村の力でもどうしようもできないほど、豊臣方は追い込まれてしまっていたのです。

スポンサーリンク




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

女子マネ甲子園練習解禁!21世紀枠推薦の福井・羽水の女子マネノックも復活? 

来春の高校野球選抜大会・21世紀枠の推薦校46校が決まりました。

福井県から21世紀枠の推薦校に選ばれたのは羽水高校。羽水高校は1963年創立の県立高校。甲子園出場はありませんが、今秋の福井県大会では、ベスト4に進出するなど、打力に定評のあるチームです。

この羽水高校が話題となったのは、女子マネージャーの華麗なノックでした。
ノックを披露したのは、今夏まで女子マネージャーを務めていた3年生。しかしながら、高野連から「危険」という理由で、公式戦ではグラウンドでのノックができなくなってしまったのです。女子マネージャーは「悲しかった」と落ち込みました。

夏の甲子園でも、大分高の女子マネージャーの甲子園練習参加が問題に。議論の末、来春の甲子園から女子も練習参加が認められる見通しになりました。

福井・羽水高が21世紀枠で出場すれば、来春は甲子園で女子マネージャーがノックする?






スポンサーリンク





夏の地方大会で禁止された女子マネノック



今夏の高校野球では、「女子の練習参加」がちょとした議論となりました。

その先駆けとなったのが、21世紀枠に推薦された福井・羽水高校の女子マネージャーだったのです。羽水高校の女子マネージャーは、練習や練習試合で、男子顔負けの正確なノックを披露してきました。

じつは、この女子マネノッカーは2代目。
練習で力強くノックする先輩女子マネの姿にあこがれて、羽水高校に入学。野球部のマネージャーとなったといいます。

しかしながら、福井県高野連は、女子マネージャーの試合前ノックを禁止しました。
その理由は、けがの恐れがあるため、というものでした。

大分高女子マネの参加禁止で批判殺到



女子マネージャーの試合前練習の参加は、甲子園でも議論となりました。

甲子園練習で、大分高の女子マネージャーがノッカーにボールを手渡していたのです。
これを大会関係者が発見。わずか10分たらずで、グラウンドの外に出されてしまいました。

高野連の大会規定では、危険防止のためグラウンドに立てるのは男子のみとなっていました。
そのため、甲子園練習も、この大会規定に準ずることになっていたのです。ただ、甲子園練習の手引き自体には、男女の別について明記されていませんでした。

この高野連の対応には、インターネットを中心に批判的な声が続々と寄せられました。
なかには「女子差別」「時代遅れ」という声も。たしかに、男子は安全で、女子は危険、という理由もわかりません。

高野連は女子の甲子園練習参加了承



こうした批判を受け、高野連も、女子の甲子園練習参加を認める案を了承。来年1月のセンバツ運営委などで承認されれば、正式に認められることになります。

21世紀枠で羽水高校が甲子園に出場できたとして、3代目の女子ノッカーが存在するのかどうか?
ただ、女子マネージャーのいる高校は少なくないのではないでしょうか。そのため、来春のセンバツ甲子園では、女子が練習参加する姿が、珍しくなくなるかもしれません。

ただ、高校野球の女子マネージャーの位置づけは曖昧なまま。
女子マネージャーとは、練習を補助する役割なのか。それとも、雑用係なのか…。将来的には、女子の試合参加にまで話が進んでいくのではないでしょうか。

スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

大河ドラマ真田丸の楽しみ方97 叔父の真田信尹は本当に真田幸村を訪ねた? 

11月20日放送のNHK大河ドラマ「真田丸」第46話は「砲弾」。
主人公・真田幸村は、大坂城の南側に砦「真田丸」を築き、徳川軍を翻弄します。

一方、兄の真田信之は、難しい立場でした。
弟の幸村は、大坂城の牢人五人衆の中心的存在に。信之自らは病気を理由に出陣せず、息子の信政信吉派遣したのです。

信之としては、できることなら、一族同士での戦いは避けたいところです。
真田丸で信之が大坂に派遣したのが、姉の松。幸村も大坂城から長文の手紙をしたためるなど、松は弟から慕われていたといいます。

しかし、女性の松が大坂に入り込むなんてできたのでしょうか?
じつは真田一族で大坂に乗り込み、幸村を寝返らせようとしたのは、叔父の真田信尹といわれているのです。






スポンサーリンク





松へ長文の手紙を送っていた幸村



二人の弟、信之、幸村から慕われていたという松。
幸村は大坂城に入城後、姉の松に無事を伝える手紙をしたためています。

幸村はその手紙で、「お伝えしたいことがございました」と書き出します。そして大坂城での近況について、「まずまず無事にすみ、死なないでおります」と報告。「かわったこともありませんので、安心してください」と、心配しないよう気遣いをみせています。

この手紙が書かれたのは、大坂冬の陣が終わり、夏の陣が始まるまでの間とみられています。
松の夫である小山田茂誠の家臣に手紙を託したそうです。女性でも読めるように、ひらがなが多用されているのが、その特徴。当時は、読み書きをする女性は多くはありませんでした。

そして幸村は、この手紙で「お目にかかりたい」と、姉の松への思いをつづっています。

幸村を訪ねたのは叔父の真田信尹?



真田丸では、真田信之が出陣した息子信吉のもとへ松をつかわすことになっています。

信之は、幸村との戦いを避けたかったのでしょう。
かつてのNHK時代劇「真田太平記」では、信之と幸村が面会したことになっています。「真田太平記」でこの面会を取り持ったのは、信之の愛人ともいわれた小野お通でした。

もちろん、史実ではなく、創作なのでしょう。
ところが、真田一族のうちにも、実際に幸村のもとをたずねたといわれている人物がいたのです。それは、真田一族の一人、真田信尹です。

信濃10万石与えると、幸村に寝返りすすめる?



真田信尹は、真田昌幸の弟。
信之、幸村にとっては叔父にあたります。真田丸で、信尹の登場が少なくなったのは、信尹が真田家を出て、徳川家康に仕えたためです。大坂の陣には、徳川家の旗本として出陣しており、手柄を立てたといわれています。

信尹は家康の命を受けて、幸村に寝返りをすすめます。
その条件は、信濃に10万石の領地を与えるというものだったとか。しかしながら、幸村は相手にしなかったとも。
もちろん、信尹が幸村を訪ねたという説も、信憑性はわかりません。信之が訪ねたという説もあるのです。

結論としては、真田家の誰かが、幸村を訪ねたかもしれない。また、訪ねなかったかもしれない。
史実がはっきりしないため、真田丸のように松が訪ねていったというストーリーも、まあ許されるのでしょう。

スポンサーリンク




nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

2019年大河ドラマは宮藤官九郎脚本!知られざる戦前のオリンピックとは? 

2019年のNHK大河ドラマが、宮藤官九郎さん脚本の五輪をテーマにした近現代劇に決まりました。

タイトルは未定ながら、2020年の東京オリンピックを意識した内容の大河ドラマになるようです。東京オリンピックは、日本初の開催となった1964年大会以来2回目。悲願の日本開催が実現するまでの、オリンピアンたちの奮闘を描く内容になるともいわれています。

1896年のアテネ大会から始まった近代オリンピック。
2019年の大河ドラマで、宮藤官九郎さん脚本によって描かれる、戦前戦後のオリンピックの知られざる物語とは?






スポンサーリンク





日本初参加となった1912年・ストックホルム五輪



1896年アテネ大会以来、100年以上の歴史を持つ近代オリンピック。
日本人選手が初めて参加したオリンピックは、1912年のストックホルム大会でした。このストックホルム大会には、陸上男子短距離の三島弥彦選手、マラソンの金栗四三の2選手が参加しています。この2人が、日本人五輪選手第一号でした。

金栗選手はストックホルム五輪のマラソンで、日射病のために倒れ、途中棄権。
しかしながら、帰国後は箱根駅伝の創設に尽力するなど「日本マラソンの父」と呼ばれるほどの功績を残しました。

一方の三島選手は、オリンピック後は、スポーツにかかわることは少なかったようです。
もともと、東京帝大(現在の東大)に進んだエリートであり、オリンピックの選考会も審判として参加する予定だったのだとか。試合を観戦しているうちに血が騒ぎ出し、競技に参加することに。そしてオリンピックの代表選手になってしまったそうです。

ストックホルムの日本選手は2人だけ



ストックホルム大会の日本選手団は、三島選手、金栗選手の2人だけ。
そのため、開会式の入場行進もひどくさびしいものだったのだとか。2人は、4年後のベルリン大会での健闘を誓い、大会終了を待たずにドイツに出国。ここで、当時日本にはなかったスポーツ用品を買い込んだとも。

しかしながら、第一次世界大戦の影響で、ベルリン五輪は中止に。
三島選手、金栗選手ともスポーツ選手として脂が乗っているころだっただけに、ダメージは大きかったようです。三島選手はその後、銀行員として生涯を送り、スポーツの表舞台に出ることはなかったといいます。

戦前にも計画された幻の「東京五輪」



戦争の影響で中止となったもうひとつの五輪が、戦前の東京大会でした。

東京五輪は1940年に予定されていたものの、日中戦争の激化で、日本政府が開催権を返上。実現していれば、アジア初のオリンピックとなっていたはずでした。

この幻の東京五輪決定に一役買ったのが、柔道家の嘉納治五郎でした。
嘉納治五郎は、オリンピック招致の演説で「日本が遠いと言う理由で五輪が来なければ、日本が欧州の五輪に出る必要はない」と訴えたのです。この結果、ヘルシンキを抑え、東京が五輪開催地に決定したのです。

招致、組織委には嘉納治五郎や徳川家達


当時の東京オリンピック組織委員会で委員長を務めていたのは、徳川家達。
徳川宗家16代目当主であり、初代貴族院議長を務めた名門の人物。江戸幕府が朝廷に大政奉還した後は、駿府藩70万石の初代藩主に。明治維新後は政治家、外交官、日本赤十字社社長など、多くの公職を務めていました。

宮藤官九郎さん脚本の大河ドラマでは、はたしてどのような人物が登場するのでしょうか。

日本と五輪との歴史上、知られざる人物にスポットを与えるのか。それとも、五輪で大活躍した選手に焦点を当てるのか。いずれにしても、これまでにはない趣向の大河ドラマになりそうです。

スポンサーリンク








東京オリンピック・パラリンピックを翌年に控えた2019年、平成31年のNHKの大河ドラマは、「オリンピック」をテーマにした作品が作られることになりました。宮藤官九郎さんのオリジナル脚本で、昭和39年の東京オリンピックまでの半世紀にわたるスポーツマンの奮闘ぶりなどが描かれます。
ドラマでは、日本選手がたった2人で初めて参加した1912年のストックホルム大会から、1964年、昭和39年の東京オリンピック開催までの、52年にわたる日本とオリンピックの関わりを取り上げます。

水泳の前畑秀子さんが日本人女性として初めて金メダルを獲得し、「前畑がんばれ」の実況で知られる1936年のベルリン大会や、戦争の影響で幻と消えた自国開催、そして戦後の競技の再開など、オリンピックをめぐるスポーツマンや関係者の奮闘ぶりなどが、関東大震災や東京大空襲といった東京の歴史とあわせて描かれる予定です。

脚本はオリジナルで、NHKでは平成25年に放送された連続テレビ小説「あまちゃん」以来2回目となる、人気脚本家の宮藤官九郎さんが担当します。

宮藤さんは「歴史に“動かされた”人と町の変遷を一年かけてじっくり描く予定です。まあ、こんな大河も、たまにはいいよね、と大目にみて頂けたら幸いです。がんばります」とコメントしています。

近現代を舞台にしたNHKの大河ドラマは、昭和61年に放送された「いのち」以来、33年ぶりです。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

明治神宮大会で早実準V!成長見せた清宮、野村の3、4番コンビ 

高校野球・明治神宮大会で36年ぶりの決勝進出を果たした早稲田実業。
東西両横綱の対戦として注目された決勝では、大阪の履正社に11-6で敗れ、優勝はなりませんでした。

それでも、明治神宮大会で光ったのは、清宮幸太郎外野手と野村大樹内野手の早稲田実業の3、4番コンビでした。

とくに1年生ながら4番を務める野村大樹選手は、準決勝の福岡大大濠戦で5打数3安打4打点の活躍。野村選手はこの試合で、先輩清宮選手の1年生時の記録を更新する通産23号本塁打を放ちました。

秋季東京大会を制して、来春の甲子園出場を確実にしている早稲田実業。
聖地甲子園でも、清宮、野村の3、4番コンビが躍動する様子が見られそうです。






スポンサーリンク





荒木投手以来の明治神宮決勝進出



明治神宮大会準決勝で、福岡大大濠を下して36年ぶりに決勝に進んだ早稲田実業。
早稲田実業が明治神宮大会決勝に進むのは、元ヤクルトの荒木大輔投手を擁して戦った昭和55(1980)年以来の出来事でした。

その36年ぶりの決勝進出の主役となったのは、清宮、野村の3、4番コンビでした。
清宮、野村の3、4番コンビが、とくに目覚しい活躍を見せたのは、福岡大大濠との準決勝でした。この試合を6-4で制した早稲田実業は、3番の清宮選手が1安打ながら4四球と、全打席で出塁したのです。

3番清宮選手の後に野村選手を4番抜擢



その清宮選手の後を打つ野村選手は、ホームランを含む5打数3安打4打点の活躍を見せたのです。

早稲田実業が、清宮選手を3番に、野村選手を4番に抜擢したのには理由がありました。
対戦相手は強打者である清宮選手との勝負を避けてきます。そのため、後ろを打つバッターの出来が鍵だったのです。そこで清宮選手をそれまでの4番から3番に打順を変更。1年生の野村選手を4番にすえたのです。

今回の明治神宮大会でも、3番の清宮選手が勝負を避けられても、4番の野村選手が走者を帰す場面がたびたび見られました。36年ぶりの決勝進出は、打順変更が奏功した形だったのです。

清宮選手の1年時の本塁打記録を更新



先輩清宮選手の1年生時の本塁打数を更新した野村選手。
それでも、通産23本塁打という数字には納得していないようです。やはり、強豪早稲田実業で、1年生ながら4番を打つことへの責任感があるのではないでしょうか。

1年生ながら4番に抜擢された野村選手の武器は、読みのよさ。
野村選手は中学時代にU-15日本代表に選ばれた実績もさることながら、捕手を経験してきたことで、配球を読むことにたけているようです。打席でも、その読みのよさが生かされているのでしょう。

捕手時代に磨いた「読み」が野村選手の武器


野村選手は、京都の同志社中から早稲田実業進学後、めきめきと力をつけています。

野村選手は早稲田実業に進学してからというもの、体幹強化に力を入れてきたため、打球に力強さが増してきたようです。また、変化球打ちでも、格段の進化を遂げています。そして右方向への打球が増えていることも、通産本塁打が早くも23号に達した要因のようです。

やはり、打球を引っ張るだけでは打撃は向上しません。相手の配球に逆らわない右打ちを覚えたことで、野村選手のバッティングもより正確さを増したのではないでしょうか。

さすがの早稲田実業も、明治神宮大会の決勝では、西の強豪履正社に力負けした印象。

しかしながら、清宮、野村の3、4番コンビは、来春の甲子園でも、他校の脅威となるのではないでしょうか。さらに一冬を越えて、この3、4番コンビがどれほどの成長を見せてくれるのか。来春の甲子園が楽しみになってきました。

スポンサーリンク




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

大河ドラマ真田丸の楽しみ方98 来年の大河ドラマ直虎、真田幸村の縁は? 

NHK大河ドラマ真田丸の第45話「完封」で、来年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」をPR!

大河ドラマ「真田丸」のクライマックス大坂の陣で、いよいよ大坂城の砦・真田丸にこもって戦い始めた主人公の真田幸村。幸村は鎧や兜を赤で統一した赤備えで合戦に臨みます。

しかしながら、この赤備えは、幸村だけではありませんでした。
赤備えといえば、徳川四天王の一人、井伊直政。真田丸には登場しませんが、来年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」では、メインキャストの一人として、菅田将暉さんが演じます。

真田丸から敵方の徳川軍に、井伊の赤備えを見つけた幸村は、来年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」にエールを送ったというのですが、はたしてどんなセリフだったのでしょうか?






スポンサーリンク





大坂の陣で井伊軍と対陣した幸村



大河ドラマ真田丸のクライマックス大坂の陣。

この大坂の陣には、来年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」の井伊家も出陣していました。井伊家といえば「井伊の赤備え」で有名。これは一族郎党の鎧や兜を、すべて赤で統一したもの。武田信玄の重臣・山県昌景にならったものといわれています。

真田丸の主人公真田幸村も、赤備えで大坂の陣に臨んでいました。敵方とはいえ、同じ赤備えの井伊軍に親しみを覚えていたのかもしれません。

真田丸から井伊の赤備え見つける?



真田丸から、井伊の赤備えを見つけた高梨内記と、幸村は次のような言葉を交わしています。

高梨内記が、「あちらにも赤備えがおりますぞ」と幸村に語りかけると、幸村は「あれは井伊直孝の陣。かの井伊直政の次男坊じゃ」と答えます。そして、「向こうにもここに至るまでの物語があるのだろうな」としみじみと応じるのです。

大坂の陣に出陣したのは直虎ではなく井伊直孝



徳川方として、大坂の陣に出陣していたのは、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎でも、甥の直政でもありません。直政の次男直孝でした。

直虎は、父の直盛や婚約者だった直親など、男手を次々と失ったため、女性ながら井伊家を継ぐことになりました。そして、直親の遺児直政に井伊家を引き継いだ後、ほどなくして世を去っています。

当主となった直政も、徳川家康に仕えてスピード出世をはたしたものの、長命ではありませんでした。

大坂の陣に出陣していた直孝は父直政の代理。おそらく「おんな城主 直虎」には登場しないのではないでしょうか。

「真田丸」も、「おんな城主 直虎」も、同じ戦国もの。
しかも、真田幸村は信濃、井伊直虎は遠江と隣国同士。直虎の甥直政は、徳川家康の家臣となっているため、接点もあったのかもしれません。

スポンサーリンク








nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

アメリカ大統領選の予想を誤らせた?世論調査と「隠れトランプ支持」 

ドナルドトランプ氏が当選を果たしたアメリカ大統領選。

もともと、トランプ氏は泡沫候補扱いでした。直前の世論調査でも、ヒラリー・クリントン氏が優勢と報道されていたのです

ところが、大統領に当選したのはトランプ氏。これには世界中がびっくり。「トランプリスク」の影響で、アメリカのダウ平均も、日本の日経平均株価も急落。日経平均は一時、1000円近い下落となりました。

それにしても、アメリカの世論調査は、なぜトランプ氏当選を予想できなかったのか?

そこには「隠れトランプ支持」の存在があったといわれているのですが…。






スポンサーリンク





トランプ氏投票を世論調査で隠す?



大方の予想に反して当選したドナルド・トランプ氏。

アメリカの大手メディアの多くが、クリントン氏優勢と報じていました。その根拠が、世論調査だったのです。

世論調査は、「期日前投票」での出口調査。無作為抽出の電話調査が中心です。
出口調査では、期日前投票会場で有権者に、誰に投票をしたかを聞きます。アメリカの世論調査は、この出口調査でつまづいたようです。

出口調査では、トランプ氏に投票した有権者の多くが、「トランプ氏に投票した」ことを隠していたようです。いわゆる「隠れトランプ支持」です。

「ポリティカル・コレクトネス」に反する?トランプ発言



なぜ、「隠れトランプ支持」が生まれたのか?

それはトランプ氏の発言が、「ポリティカル・コレクトネス」に反すると感じられたからだといわれています。
「ポリティカル・コレクトネス」とは「政治的に公正」といった意味。トランプ氏自身も、過激発言を「ポリティカル・コレクトネスではないが…」とすることが少なくありませんでした。

トランプ氏支持の有権者も、一種の後ろめたさを感じていたのでは?といわれています。それが、「隠れトランプ支持」につながり、出口調査で正確なデータを集めることができなかったというのです。

大手メディアが「クリントン氏寄り」?



世論調査の誤りのもうひとつの原因は、大手メディアが「クリントン氏寄り」だったことだといわれています。

大手メディアの多くが、出口調査に基づいて、クリントン氏優勢の選挙結果を予想しました。
ところが、出口調査は「隠れトランプ支持」の有権者を見逃していたのです。不正確な出口調査と、大手メディアの「クリントン氏寄り」の姿勢が合わさって、予想を誤ったというのです。

出口調査の不正確さを見抜けなかったのも、「クリントン氏寄り」の姿勢が影響していたのかもしれません。
多くの人は、「望ましくない結果」を排除しがちだからです。政治手腕の未知数なトランプ氏より、政治経験豊富なクリントン氏のほうが望ましい、と考える人が多かったのではないでしょうか。

インドのAI、トランプ氏勝利を予想


それでは、「クリントン氏寄り」などのバイアスがなければ、正しい選挙予測は可能なのでしょうか。

正しい選挙結果を予想したとされるのが、インドで開発されたMogla(モグラ)というAI。
このMoglaは、インターネットからデータを収集。トランプ氏勝利を予測したというのです。
AIは人間と違って、空気を読むことはありません。データを収集し、結果を予測するだけです。

一方、予測を外してしまったのが、著名な統計学者ネイト・シルバー氏。

シルバー氏は、2008年、2012年のアメリカ大統領選で、バラク・オバマ氏の当選を予想しています。
シルバー氏はもともと、野球の予測で知られるようになりました。シルバー氏の予想は、クリントン氏の圧勝でした。ところが、その予測は正反対だったのです。

英EU離脱に続いて予測外れたシルバー氏


シルバー氏は、二度の大統領選で見事に予想を的中させましたが、今年6月の英EU離脱国民投票では予想を外しています。

シルバー氏の一連の予想にバイアスがかかっていたかどうかは、わかりません。

しかし、多くのメディアがシルバー氏と同じように、「EU残留」を予想していたのは事実です。
ほとんどの人が、EU離脱はありえないと思っていました。EU離脱は英国にとって利益は少なそうです。また、EUの分離を招きかねない不安もありました。結果的に世界が混乱するというのが、大方の予想、不安だったのではないでしょうか。

EU離脱は、ほとんどの人にとって「望ましくない」結果でした。
そして、多くの人が「望ましくない」未来を見ようとはしません。結果的に、予想を間違えてしまうことになります。そんなことを痛感させられた、今回の大統領選だったのではないでしょうか。

スポンサーリンク




nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
登録していただくと更新情報が届きます follow us in feedly

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。