So-net無料ブログ作成
スポーツ ブログトップ
前の5件 | -

青山学院が箱根駅伝で大学3冠王手!打倒青学の一番手は早稲田?東洋大? 

1月2、3日に、いよいよ迫った正月恒例の箱根駅伝。

その箱根駅伝で、今年も優勝候補に挙げられるのが、青山学院大です。青山学院は、大学3大駅伝である全日本大学駅伝、出雲大学駅伝を制覇。青山学院は、史上4校目の大学駅伝3冠をかけて挑みます。

大学駅伝3冠を狙う青山学院には、死角がないように思えます。しかしながら、青山学院は、「山の神」の異名をとったエース神野大地選手が卒業。山登りの5区は3年生の貞永隆佑を起用したものの、他大学も打倒青山学院を虎視眈々と狙っています。

箱根駅伝に大学駅伝3冠をかける青山学院。その最大のライバルとなりそうなのは、どの大学なのか?






スポンサーリンク





「山の神」神野選手のようなエースが不在



箱根駅伝に、全日本大学駅伝、出雲大学駅伝との大学駅伝3冠をかけて挑む青山学院。

箱根駅伝でも優勝候補筆頭にあげられる青山学院。青山学院が前評判どおり、箱根駅伝を制すことができれば、史上4校目の大学駅伝3冠達成となります。

ただ、優勝候補筆頭の青山学院にも、死角がないわけではないようです。

昨年の箱根駅伝で5区の山登りを任された「山の神」こと、神野大地選手が卒業。今年の青山学院には、神野大地選手のような絶対的なエースが不在ともいえます。

1万メートル28分台の選手が9人も



とはいえ、青山学院は選手層の厚さで、他大学を引き離しています。

青山学院には1万メートル28分台の選手が9人も。
青山学院は、そのうち、1万メートル28分23秒の好タイムを持つ、4年生の一色恭志を箱根駅伝エース区間の2区に起用しました。一色選手は、箱根駅伝では3年連続の2区起用となりました。

田村、下田ら実力者を補欠登録する余裕も



さらに、青山学院には、実力者たちを補欠登録する余裕も。

青山学院は全日本大学駅伝2区で快走した田村和希選手、2月の東京マラソンで日本人2位に躍り出た下田裕太選手を補欠に回しているのです。

青山学院は、実力あるランナーを補欠に登録しておくことで、箱根駅伝当日の状況に応じて、柔軟に選手起用ができることになります。

ライバル早稲田は、武田、平、鈴木の4年生が鍵



箱根駅伝で頭ひとつ抜け出している青山学院。

箱根駅伝で、打倒青山学院の筆頭となりそうなのが、前回4位の早稲田大学ではないでしょうか。
早稲田大学は、前回4位のメンバーが7人も。早稲田大学は、箱根駅伝での経験を生かして、打倒青山学院を虎視眈々と狙っています。

その早稲田大学の主力となりそうなのが、4年生の武田凜太郎、平和真、鈴木洋平の3選手。

早稲田大学の武田凜太郎、平和真、鈴木洋平の4年生3選手は、全日本大学駅伝で、いずれも区間2位の好走を見せました。この3選手の快走によって、早稲田大学は全日本大学駅伝のレース終盤まで、トップを走る健闘を見せたのです。

東洋大はエース服部選手を1区に起用



早稲田とならんで、打倒青山学院を狙うのが、東洋大ではないでしょうか。

全日本大学駅伝では、6位と実力を発揮しきれなかった東洋大。その東洋大は、箱根駅伝で、1区にエース服部弾馬選手を起用。東洋大は、1区に服部選手を起用することで、弾みをつける狙いがあるのではないでしょうか。

さらにエース区間の2区には、1年生の相沢晃選手を起用。故障明けの3区・口町亮選手とならんで、東洋大の鍵を握る選手となりそうです。

4区と5区の距離変更がポイントに?



今回の箱根駅伝のポイントとなりそうなのが、4区です。

箱根駅伝では今回から4区の距離が、これまでから2.4キロ延長となりました。その一方、箱根駅伝の見せ場のひとつ、山登りの5区が2.4キロ短縮されたのです。

箱根駅伝の4区は「つなぎの区間」と呼ばれてきました。しかしながら、今回の箱根駅伝から距離が伸びたことで、4区の重要性が高まりそうです。

一方、箱根駅伝最大の難所である山登りの5区は、距離が短縮されたとはいえ、実力差が現れる区間であることに変わりはありません。

4区と5区の距離変更が出場校にどのような影響を与えるのか。今回の箱根駅伝のポイントのひとつになりそうです。

スポンサーリンク






nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

エクアドルサッカー3部リーグで44ー1の大差!でもギネス認定はならず 

131年前のスコットランドのギネス記録更新ならず



エクアドルのサッカー3部リーグで「44-1」という記録的大差。ギネス記録認定の期待が高まったものの、認められることはありませんでした。ちなみに、ギネス記録は131年前のスコットランドでの「36-0」。なぜ、ギネス認定が見送られたのでしょうか?

スポンサーリンク





エースが一人で18得点。守備はザル状態



エクアドルのサッカー3部リーグで「44-1」という記録的大差がついたのは、ペリレオ・スポーティング・クラブとインディネイティブとの一戦。この試合でペリレオ・スポーティング・クラブのエースストライカーは、一人で18得点を記録したのだとか。

3部とはいえ、立派なプロリーグ。
それでも、インディネイティブの守備がお粗末すぎたようです。相手選手にいとも簡単に突破を許し、守備が追いつかない状態。結果的に両軍合わせて、2分に一度ゴールが生まれるという、ゴールショーが展開されたのです。

https://youtu.be/f5wl04aifVo

「プロとして低レベルだから」ギネス記録見送り



このエクアドルでの試合には、ギネス記録更新の期待がかかりました。
しかしながら、ギネス認定は見送られるそうです。ギネス認定には「世界トップクラスの試合」という基準があるそう。今回のエクアドルでの一戦は、あまりにも低レベルだから、というのがギネス記録を逃した要因となりました。

マダガスカルでは149-0の試合も、ほとんどがオウンゴール



ちなみに、このエクアドルの一戦をはるかに上回る得点差の試合も。
マダガスカルのサッカーリーグで行われた「149-0」という試合。とはいえ、この一戦は、一方的にゴールを奪われたのではなく、自軍のゴールに次々とオウンゴールを蹴り込んだといういわくつき。

この記録的一戦の前の試合で、疑惑の判定があったことへの抗議の意味を込めて、オウンゴールを蹴り込んだそうです。故意によって大差となったため、ギネス記録には認定されることもなかったのでしょう。

果たして131年前のスコットランドのギネス記録が破られる日はくるのでしょうか?

スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

福士選手の名古屋ウィメンズ出場取りやめで五輪マラソン選考変わる? 

一般参加でエントリーもぎりぎりで出場回避



3月13日の名古屋ウィメンズマラソンに一般参加選手としてエントリーしていた、福士加代子選手が出場取りやめ。福士選手が名古屋を走る構えを見せたのは、大阪国際女子マラソンで優勝したものの、リオデジャネイロ五輪代表の確約が得られなかったため。代表選考に一石を投じることになった今回の騒動。はたして、マラソン代表選考方法はかわるのか?

スポンサーリンク





優勝した大阪国際以降、人前に姿見せず



福士選手が名古屋ウィメンズマラソンの出場を取りやめるにいたったのは、「チームとしてのケーススタディーによる総合的判断の結果」。部外者にはちょっとわかりくに表現です。

名古屋ウィメンズマラソンに出場する選手の顔ぶれ、実力を分析した結果、福士選手の大阪国際女子マラソンの優勝タイム2時間22分17秒を上回る選手が複数現われない-。そう判断したということなのでしょうか。

福士選手も優勝した大阪国際女子マラソン以降、ほとんど表舞台に現われず。殺到する取材要請にも断りを入れていたといいます。名古屋ウィメンズマラソンへのエントリーが、想像以上の反響を呼ぶこととなり、本人としても、神経質になっていたのかもしれません。

陸連側は「的確な判断」と一安心?



日本陸連側は福士選手の出場回避について「的確」とコメント。
大規模なレースに立て続けに出場することによるダメージから、出場しないよう自粛要請をしていただけに、一安心といったところでしょうか。

それでもマラソン五輪代表選考に対する、モヤモヤ感は一掃されるどころか、深まるばかり。
福士選手の名古屋ウィメンズマラソンへのエントリーは、五輪代表選考レースを複数設ける現行方式のあり方に一石を投じました。ぎりぎりでの出場回避は、たしかに「的確」な判断だったのかもしれません。それでも、せっかくの問題提起がうやむやにされた感もぬぐえません。

一発選考のはずが欠場選手への救済措置も



過去には男子マラソンのソウルオリンピック(1988年)で、代表選手の一発選考がとられたことがありました。
ところが選考レースの福岡国際マラソンに、日本のエース瀬古利彦選手が骨折のため欠場。瀬古選手の救済措置として、翌年のびわ湖毎日マラソンが急遽選考レースとなったことは、今も語り草となっています。

結果的に、瀬古選手はびわ湖毎日マラソンで優勝したものの、タイムは平凡。それでも、ソウルオリンピックの代表に滑り込んだのです。

五輪マラソンの代表選考を一本化したとしても、瀬古選手のような例が繰り返されないとは限りません。
また五輪マラソン代表選考レースをひとつに絞ると、ほかの大会が盛り上がらなくなるという商業的な事情もあるようです。さらには、世界陸上のマラソンの位置づけも、あいまいになってしまうという懸念も。

福士選手の名古屋ウィメンズマラソンへのエントリーによって、にわかに注目された五輪マラソンの選考方法。
その方式を変更するのは、なかなか難しいようです。

スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

五輪マラソン有力の福士選手は本当に名古屋ウィメンズに出る? 

陸連からの五輪代表内定なくエントリー



リオデジャネイロ五輪女子マラソン代表最終選考会となる、3月13日の名古屋ウィメンズマラソン。サプライズは、代表有力の福士加代子選手のエントリー。福士選手は1月の大阪国際女子マラソンで優勝。ところが、日本陸連から五輪代表内定がないためエントリーに踏み切りました。福士選手は本当に名古屋で走るのか?

スポンサーリンク





名古屋で記録上回る選手が複数出たら代表も不透明に



福士選手は大阪国際女子マラソンで、2時間22分17秒の好記録で優勝。リオ五輪女子マラソンの代表が有力視されています。

しかしながら、日本陸連から五輪代表内定の連絡がないことを、所属先のワコール永山忠幸監督が問題視。フルマラソンを走って間もない名古屋への出場をにおわせていました。

たしかに、名古屋ウィメンズマラソンで、福士選手の記録を上回る選手が複数出た場合、代表選考の行方は不透明になってしまいます。

一方の陸連は、福士選手について「すばらしい走りをした」と評価はしているものの、代表発表はあくまで3月17日の理事会後という姿勢。名古屋ウィメンズマラソンへの福士選手のエントリーは、こうした陸連の不透明な姿勢への不信感があるのでしょう。

川内選手はエントリー評価も陸連は自粛要請



このエントリーを評価するのは、公務員ランナーとして知られる男子マラソンの川内優輝選手。自身が強化の一環としてフルマラソンに積極参加しているからでしょうか。

一方で、ほかの女子選手は、はたして福士選手が本当に出場するのかどうか疑心暗鬼になっているのかもしれません。陸連側は自粛要請をしているようですが、福士選手側としては、自粛要請するくらいなら代表に内定してほしいというのが本音かも。

福士選手が名古屋に出場するのかどうかは大会当日にならないとわからないかもしれません。いずれにしても、今後の代表選考に一石を投じることになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

箱根駅伝で活躍の双子ランナー村山謙太選手。五輪出場権かけ東京マラソンへ! 

1万メートル日本記録の弟に負けじとマラソン初挑戦



今夏に開催される、リオデジャネイロ五輪男子マラソン代表選考会を兼ねた、2月28日の東京マラソン。五輪出場を目指してレースに臨むのは、双子ランナーとして知られる旭化成の村山謙太選手。弟の紘太選手は男子1万メートルの日本記録を更新したばかり。その弟に負けじと、数々の五輪ランナーを輩出してきた名門の期待を背負って東京のコースを駆け抜けます。

スポンサーリンク





箱根活躍の実績引っさげ旭化成に双子入社



村山謙太選手といえば、駒沢大学時代の箱根駅伝で活躍。
昨春の旭化成入社後には、世界陸上の1万メートルにも出場。トラックで磨いたスピードを持ち味としています。
今回の東京が初マラソン。その視線の先にはリオ五輪代表の座だけでなく、2020年の東京五輪も見据えているようです。

村山謙太選手は、城西大を卒業した弟の紘太選手とともに旭化成に入社。
旭化成といえば、マラソンで数々の五輪メダリストを送り出してきた名門。双子ランナーの先輩にもあたる、宗猛総監督の指導を受けています。

旭化成宗総監督は「次元違う」と期待



村山謙太選手の実力は、その宗総監督をして、「次元が違う」と言わしめるほど。
その村山謙太選手を駆り立てるのは、やはり双子の弟紘太選手の存在です。紘太選手は昨年、1万メートルの男子日本記録を14年ぶりに更新しました。兄の謙太選手も、負けてばかりいられません。五輪マラソンでの活躍を見据えています。

弟の紘太選手が塗り替えた1万メートル日本記録を保持していたのは、カネボウの高岡寿成選手。
高岡選手は男子マラソンの日本記録2時間6分16秒もマーク。2002年に樹立されて以来、その記録をやぶるランナーは現れていません。

ちなみに日本陸連は、この日本記録を更新した選手に1億円のボーナスを用意しているそうです。

初マラソンの目標は2時間10分切り



初マラソンとなる村山謙太選手の目標は「サブテン」。2時間10分を切ること。そして、日本人トップでのゴール。
練習の40キロ走では、2時間6分台の記録を出しているそう。指導する宗総監督も、村山謙太選手がスピードとスタミナを兼ね備えていることに期待を寄せています。

東京マラソン出場選手で頭ひとつ飛びぬけているのが、ケニアのムタイ選手。
マラソンのベスト記録は日本記録を大きく上回る2時間3分台。村山謙太選手らが、ムタイ選手に食らいいつく走りができれば、おのずと好タイムも期待できるかもしれません。

村山謙太選手も、双子の弟紘太選手に負けじと、マラソンで好記録を出すことができるでしょうか。

スポンサーリンク




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の5件 | - スポーツ ブログトップ
登録していただくと更新情報が届きます follow us in feedly

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。