So-net無料ブログ作成
検索選択
大河ドラマ「真田丸」 ブログトップ
前の5件 | -

大河ドラマ真田丸の楽しみ方104 真田幸村の最期は、福井藩士と槍を交え討ち死に? 

いよいよ12月18日に最終回を迎える、NHK大河ドラマ「真田丸」。

「真田丸」の主人公・真田幸村は大坂夏の陣で、敵将・徳川家康をあと一歩まで追い詰めるものの、戦場に散ってしまいます。

通説では、真田幸村は大坂夏の陣で、徳川家康の本陣にあと一歩まで攻め込んだものの、撤退。休憩していたところを、福井藩士の西尾宗次に討ち取られたといわれています。ところが、福井藩の史料からは「やりを交えて戦った」ということを記す手紙が見つかったといいます。

はたして、大河ドラマ「真田丸」の主人公・真田幸村は、大坂夏の陣でどのような最期を遂げたのでしょうか。







スポンサーリンク





福井藩史料に幸村と「やりを交えて戦った」



大坂夏の陣で、真田幸村は、徳川家康の本陣にあと一歩まで攻め込む奮闘を見せます。
NHK大河ドラマ「真田丸」では、短銃式の火縄銃「宿許筒」を構えるものの、家康を討つことはできません。そして、真田幸村は、やむなく徳川家康の本陣を後にします。

そして、真田幸村が四天王寺近くの安居神社で休んでいたところ、福井藩士の西尾宗次と出くわします。
通説では、真田幸村は「手柄にされよ」と、西尾宗次に首を差し出したことになっているのです。ところが、新たに見つかった福井藩の史料では、真田幸村と西尾宗次は、「やりを交えた」ことになっているそう。

西尾宗次がいうには、殿様(松平忠直)の馬の先方に、真田幸村を発見。
幸村とやりを合わせて討ち取り、天下様(徳川家康)に幸村の首を渡したというのです。

真田幸村は、西尾宗次に首を差し出した?



西尾宗次が、真田幸村を槍を交えて討ち取ったという話に、どこまで信憑性があるのか。
今となっては、はっきりしたことはわかりません。西尾宗次としては、幸村を討ち取ったというのに、手柄を評価してくれないことが不満だったのか。

また、藩士の手柄は、藩主である松平忠直の手柄にもなります。
真田幸村を討ち取る手柄をたてた松平忠直は、徳川家康の孫。松平忠直は、真田幸村の軍勢に突破を許し、徳川家康の本陣にまで迫らさせる失態をおかしていました。そのため、名誉挽回をはかる福井藩としても、西尾宗次が、真田幸村を槍を交えて討ち取ったというように、話を盛ったのかもしれません。

大坂夏の陣の論功行賞に不満?幸村討ち取った手柄強調?



結果として、松平忠直は、大坂夏の陣での論功行賞に不満を抱き、のちに乱行を起こすことになったともいわれています。

これはともかく、西尾宗次は、幸村を供養するため、福井に首塚を建立しています。
西尾宗次が建立した幸村の首塚には、地蔵が設けられ、福井市立郷土歴史博物館に保存されているといいます。ところが、幸村の首塚があった場所はわからなくなってしまったということです。

さらに、西尾宗次は福井の孝顕寺に幸村の首塚を建立。
幸村の首塚には鎧袖を、そして別の場所に信繁の首級を埋葬したといわれています。ところが、孝顕寺の境内にあったという幸村の首塚も痕跡もないそうです。

福井の幸村首塚は報復恐れ隠し場所秘密に?


西尾宗次は、なぜ幸村の首級を首塚とは別の場所に埋葬したのか。
それは、幸村の首級を真田一族に取り返されるのを恐れてのことだったのだとか。かくして、幸村の首級が埋葬された場所は、西尾家の一子相伝の秘密となったといいます。

はたして、大河ドラマ「真田丸」では、幸村の最期はどのように描かれるのか。
12月18日放送の「真田丸」最終回は、あえて「無題」となっています。ファンそれぞれに、思い入れのある真田丸の締めくくりとなるのではないでしょうか。

スポンサーリンク






nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

大河ドラマ真田丸の楽しみ方103 真田幸村と信之は大坂冬の陣後、本当に再会した? 

12月11日放送のNHK大河ドラマ「真田丸」第48話は「前夜」。
弟である真田幸村の覚悟を感じ取った兄の真田信之は、急遽、大坂に向かうことになっています。

真田幸村を主人公にした歴史小説や時代劇では、兄信之との兄弟対面の場面が描かれています。
その代表ともいえるのが、池波正太郎原作で、NHKでもドラマ化された「真田太平記」。大坂冬の陣の和睦成立後、真田幸村と信之の兄弟は、犬伏の別れ以来の対面を果たすことになっているのです。

真田太平記で、真田幸村と信之兄弟の対面を取り持ったのは、信之の愛人として登場する小野お通
大河ドラマ「真田丸」では、アナウンサーの八木亜希子さんが演じる、才色兼備の女性です。真田太平記では、小野お通の屋敷で、真田幸村と信之兄弟が対面することになっているのですが…。

大河ドラマ「真田丸」では、弟真田幸村を思って、大坂に出向く信之。
はたして、真田幸村、真田信之兄弟再会の場面は描かれるのでしょうか?






スポンサーリンク





「真田太平記」では、小野お通の屋敷で再会



12月11日放送のNHK大河ドラマ「真田丸」では、真田信之が大坂へ向かうことになっています。

大泉洋さん演じる真田信之が大坂へ向かうのは、弟幸村の覚悟を知ったためでした。もともと、大坂冬の陣で、真田信之は病気と称して大坂の陣に出陣することはありませんでした。その名代として、長男真田信吉と次男真田信政を出陣させています。

しかしながら、真田一族は、大坂城牢人衆の代表格となった真田幸村と接触をしていたともいわれています。
真田幸村の叔父にあたる真田信尹は、徳川家康の命を受けて、幸村の寝返りを図ったとも。これは、真田信尹が、徳川家康に仕える旗本であったため。真田信尹は、おいの幸村に信濃に10万石の所領を与えるという条件を示したのだとか。

もっとも、真田信尹が幸村のもとを訪れたというのも、どこまで信憑性のある話かはわかりません。

小野お通の屋敷で再会した信之が寝返りすすめる?



真田信尹に続いて、真田家の当主となっていた信之も、弟幸村と密会していたともいわれています。

「真田太平記」で真田幸村と真田信之の兄弟が再会するのは、京都の小野お通の屋敷。これが事実ならば、信之は50歳、幸村は48歳ということになります。関が原の合戦前夜の「犬伏の別れ」で生き別れになってから、15年のときがたっていました。

「真田太平記」で真田幸村と真田信之の兄弟が会談することになったのは、信之が弟の幸村に徳川方への寝返りをすすめるためでした。これは、信之が徳川家康の依頼を受けてのことだったとも。しかしながら、叔父の真田信尹にたいする返答と同じように、幸村が徳川方につくことはありませんでした。

徳川家康本陣に迫るも、福井藩士に討ち取られた?幸村



そして、大坂夏の陣が開戦。
外堀を埋められ、真田丸も破却されてしまった大坂城にこもって戦うことはできません。大坂城を出て戦うことになった真田幸村は、新型火縄銃「宿許筒」を携え、徳川家康の本陣への突入を図りますが、あと一歩で、家康の首をあげることはできませんでした。

真田幸村は、福井藩士に討たれて、最期を遂げたといわれています。

もっとも、真田幸村と信之の兄弟が、本当に再会していたのかは定かではありません。
もちろん、真田幸村と信之の兄弟が最期の対面を果たしていたとすれば、ドラマチックではあります。ただ、真田信之は、病気と称して、大坂の陣には出陣していませんでした。

当時の交通事情で江戸から駆けつけるのは不可能?


虫の知らせで、信之が大坂に駆けつけようと思っても、現代とは交通事情も異なります。

江戸の屋敷から京都、大坂までの移動には2、3週間はかかるのではないでしょうか。真田昌幸、幸村の前に敗北を喫した徳川秀忠は、大坂冬の陣で失態を挽回しようと、江戸から強行軍を重ねました。それでも、江戸から大坂まで17日もかかっています。

当時の交通事情を考えると、ちょっと江戸から大坂に出かけるという感覚ではなかったのでしょう。
そのため、真田信之が大坂に出向いて、幸村と再会を果たしたという美談は、現実的には難しいことだったのかもしれません。

スポンサーリンク





nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

大河ドラマ真田丸の楽しみ方102 佐助に家康暗殺命じる幸村!その原作は? 

NHK大河ドラマ「真田丸」第48話「引金」で、主人公の真田幸村は、徳川家康暗殺に乗り出します。

幸村が徳川家康暗殺を命じたのは、藤井隆さん演じる忍びの佐助でした。
もっとも、佐助自体が空想の人物。そのため、幸村が、家康暗殺に乗り出したのかどうかは、はっきりしません。

しかしながら、大坂冬の陣では、豊臣方と徳川方との和睦が成立したことで、徳川家康によって大坂城は外堀を埋められ、真田丸も破却されてしまいました。幸村ら牢人衆も、それだけ追い詰められていたのでしょう。

「真田丸」以外にも、多くの時代劇や歴史小説に登場してきた真田幸村
「真田丸」のように、幸村が家康暗殺を命じたとする作品は、じつは少なくないのです。






スポンサーリンク





藤井隆演じる佐助は架空の忍者?



真田丸では、藤井隆さんが演じる忍びの佐助

佐助は空想の人物だといわれています。

忍者佐助は、明治時代末から大正時代にかけて書かれた講談もの「立川文庫」に登場したことで、広く知られることになりました。

佐助のモデルとなったのは、猿飛仁助という盗賊ともいわれています。または、仁助の子孫が佐助という説も。一方で、佐助が実在したという説もあるようです。

佐助とされているのは、伊賀の忍者・上月佐助。徳川家康は、大坂夏の陣の後に、服部半蔵に命じて伊賀の残党狩りをさせていたとも。大坂夏の陣で、真田の忍びが、忍術を駆使したことへの報復ともされているのです。このことが、佐助、もしくは佐助のモデルが実在した根拠とされているようです。

「風神の門」では、霧隠才蔵と家康暗殺狙う



大坂の陣で真田の忍びが暗躍したという説は、根拠のないことでもなさそうです。

そのためか、多くの時代劇や歴史小説で、真田の忍びが活躍する様子が描かれてきました。

その代表的存在が、故司馬遼太郎さんの小説「風神の門」。この「風神の門」でも、佐助が徳川家康を暗殺しようと付けねらいます。しかしながら、佐助が徳川家康を暗殺しようと暗躍するのは、大坂の陣以前の時期。そして、佐助単独ではなく、霧隠才蔵とともに家康を狙うのです。

真田十勇士でおなじみの霧隠才蔵は、真田丸には登場しません。

「真田太平記」では奥村弥五兵衛が刺客に



また、かつてのNHK時代劇「真田太平記」でも、真田の忍びが、徳川家康暗殺を狙う様子が描かれています。

ただ、真田太平記で家康を暗殺しようとするのは、佐助ではなく、奥村弥五兵衛という忍者。
奥村弥五兵衛は、徳川家康の命を狙い続けます。そして、関が原の合戦では、家康の影武者を討ち取ることになっています。真田太平記の原作者・池波正太郎さんには、この奥村弥五兵衛を主人公にした「やぶれ五兵衛」という作品もあります。

真田丸の脚本家・三谷幸喜さんも、おそらく「風神の門」や「真田太平記」を参考にしているのでしょう。
はたして、真田丸の佐助は、どのやって徳川家康暗殺を狙うのか。見どころのひとつとなりそうです。

スポンサーリンク




nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

大河ドラマ真田丸の楽しみ方101 火縄銃の新兵器「宿許筒」で、幸村は家康狙った? 

12月4日放送のNHK大河ドラマ「真田丸」第48話は「引金」。

大坂冬の陣の和睦に伴い、徳川家康によって大坂城は外堀を埋められ、真田丸も破却。大坂城にこもっていた牢人衆は行き場を失ってしまうのです。

その翌年には、大坂夏の陣を迎えることになるものの、裸同然となった大坂城での篭城は不可能になります。大坂城の牢人衆は、徳川方に向かって討って出るしかなくなってしまうのです。

しかしながら、ここで主人公・真田幸村は新たな武器を手にします。その武器とは「宿許筒」という火縄銃の短銃だったようです。幸村は大坂夏の陣で、この「宿許筒」を構えて、馬上から徳川家康を狙ったといわれています。

はたして、真田幸村が手に入れた「宿許筒」が、標的・徳川家康をとらえることはあったのか?






スポンサーリンク





幸村の新兵器は短銃式火縄銃?



大坂夏の陣で、真田幸村が使ったとされる「宿許筒」。

この「宿許筒」を紹介した新聞記事によると、「宿許筒」は銃身の長さが40センチほど。連射もできるそうです。「宿許筒」には、時計のバネや歯車などを使った技術が取り入れられ、当時の最新技術が使われていたとも。

この「宿許筒」が、どのような経路をたどって、真田幸村の手に届いたのかは、はっきりしません。
ただ、真田幸村が、この「宿許筒」を使ったという記録は、紀州徳川藩の歴史書「南紀徳川史」にも記されているそうです。

とはいうものの、この「南紀徳川史」が編纂されたのは1888年から1901年にかけて。大坂の陣からは270年もあとのことです。真田幸村が「宿許筒」を使ったというのも、どれほど正確な記録なのか…。

戦国時代の日本は世界有数の火縄銃大国



よく知られているように、火縄銃は1543年、鹿児島県の種子島に外国から持ち込まれました。
それから、火縄銃の生産は、日本各地に拡散。戦国時代末期の国内所持量は50万丁を数えたといわれています。当時の日本は、世界でも類を見ない鉄砲大国でした。

火縄銃といえば、織田信長が武田勝頼を破った長篠の戦いが、頭に浮かぶのではないでしょうか。
織田信長は、長篠の戦いで火縄銃3000丁を用いて、三段撃ちを行ったといわれています。ただ、この説は、疑問視されているようです。

そもそも、信長が3000丁もの火縄銃を用意できたかどうか。そして、武田軍が長時間にわたって、火縄銃の標的になり続けることがあったのかどうか。長篠の戦いでは、信長の三段撃ちが効力を発揮したのではなく、武田軍が火縄銃の銃声と硝煙に戸惑ったのではないかという説もあるようです。

ただ、織田信長が火縄銃使用のさきがけとなったことは間違いないようです。
戦国時代には、滋賀の国友、日野、和歌山の根来、大阪の堺などで火縄銃がさかんに生産されました。たしかに、その過程で、真田幸村が手にしたとされる短銃「宿許筒」が開発されたとしても不思議はありません。

馬上から「宿許筒」を落とし、徳川家康を狙撃できず?



しかしながら、火縄銃を馬上で用いると、ゆれるために命中度が下がってしまいます。

また、一般的な火縄銃は銃身の先から、一発ずつ弾丸と弾薬をこめなければならないため、すぐに発射できるわけではありません。戦国時代末期には、弾丸と弾薬を一まとめにした「早合」が開発されたものの、現代の実験では6発発射するのに44秒。さらに、実際には不発もあったものと思われます。

真田幸村は「宿許筒」を用いたとされるものの、馬上から落としてしまい、家康を撃てなかったといいます。
もっとも、幸村が本当に「宿許筒」を発射させていたとしたら、歴史も変わっていたことでしょう。

はたして、この「宿許筒」、真田丸でどのように描かれるのでしょうか?

スポンサーリンク




nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

大河ドラマ真田丸の楽しみ方100 茶々を震え上がらせた家康の大砲は英国製? 

NHK大河ドラマ「真田丸」大坂の陣編のキーポイントのひとつが、徳川家康が打ち込んだ大砲。

大坂城は10年間は持ちこたえることができると、自信満々だった茶々も、徳川家康の大砲によって戦意を喪失。いっきに、和睦へと傾いていきます。

当時の大砲は、火力も、精度も、それほど高いものではありませんでした。ところが、徳川家康の陣地から打ち込まれた大砲は、大坂城を直撃。これによって大坂城の侍女8人が、亡くなったといわれているのです。

大砲によってもたらされた大坂冬の陣の和睦。豊臣方は大坂城の外堀を埋められ、真田丸も破却。戦況は、豊臣方にとって、いっきに不利になってしまったのです。

はたして、大坂城の茶々を震え上がらせた徳川家康の大砲とは、どのようなものだったのでしょうか?






スポンサーリンク





大坂の陣前に英国製「カルバリン砲」「セーカー砲」購入?



大坂の陣で、徳川家康が用いた大砲が、大坂城に向かって火を噴きました。

徳川家康は、大坂の陣に備えて、外国から大砲を購入していました。
そのうちイギリスから購入したといわれるのが「カルバリン砲」。また「セーカー砲」という大砲も、イギリスから輸入しています。カルバリン砲よりも、セーカー砲のほうが、小型だったようです。セーカー砲はそのぶん、砲身が長く、射程距離も長かったようです。また、徳川家康は、オランダからも「カノン砲」を輸入していたとみられています。

徳川家康は、輸入した大砲だけではなく、国内でも大砲を鋳造させていたといいます。
当時の大砲は、火縄銃のように、火薬で鉛の砲弾を飛ばすものでした。砲弾は着弾しても、爆発するようなことはなかったのではないでしょうか。

もっとも、当時の大砲は、射程も、精度もそれほど高くありませんでした。
しかしながら、徳川家康は執拗に、大砲を撃ち続けたといわれています。この砲撃に、大坂城の茶々は、今日を感じるように。やがて、大坂冬の陣は和睦へといたるのです。

徳川家康は、大坂城の茶々に精神的なダメージを与えるため、大砲を用意していたのでしょうか。

堺の鍛冶に、国産大砲をつくらせる?



大坂の陣で、徳川家康はどれほどの数の大砲を用意したのでしょうか。

一説には100門ともいわれますが、はっきりしたことはわかりません。もし仮に、徳川家康が100門もの大砲を用意していたとすれば、カルバリン砲やセーカー砲といったイギリスからの輸入品だけでは間に合わなかったのではないでしょうか。

徳川家康は、堺や国友の鍛冶に、大砲をつくらせたといわれています。
日本には戦国時代に、海外から火縄銃が、そして大砲が持ち込まれました。とくに火縄銃は、戦国時代に武器として、さかんに製造されることになります。その技術を応用したのが、徳川家康が大坂の陣で用いた大砲だったのでしょう。

江戸時代には国産大砲製造下火に



ヨーロッパでは、1630年ごろに、車輪つきの大砲が開発されています。
徳川家康が用いた大砲は、車輪つきではなく、固定式だったようです。

大坂の陣の後、江戸時代に入ると、日本では戦乱がない平和な時代に入ります。大砲が使われる機会も、島原の乱などを除くと、ほとんどなくなってしまいました。そのため、大坂の陣で威力を発揮した日本の大砲は、大きく技術が進むことはなかったようです。

この大砲の技術の遅れが明らかになるのは、幕末から明治にかけて。
ペリーの黒船が来航したころでした。海外輸入の大砲を使って、豊臣方を震え上がらせた家康には、やはり先見の明があったといえるのかもしれません。

スポンサーリンク




nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の5件 | - 大河ドラマ「真田丸」 ブログトップ
登録していただくと更新情報が届きます follow us in feedly

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。