So-net無料ブログ作成
サッカー日本代表 ブログトップ
前の5件 | -

名古屋グランパス初のJ2降格で主力大量流出ならJ1復帰厳しく? 

オリジナル10の名古屋、指導未経験の小倉監督招聘が裏目に



クラブ初のJ2降格となった名古屋グランパスエイト。

クラブOBの元日本代表FW小倉隆史氏を、GM兼監督として招聘したものの、これが裏目に。5人目までが動くサッカーを掲げたものの、戦術は機能せず。長年チームを支えたDF闘莉王選手が、戦力外扱い同然でチームを去るなど、大胆な地の入れ替えを行ったものの、これも不発。獲得した外国人選手も、思ったほどの働きをできず。チームは極度の不振に陥り、小倉監督は結果を残すことができず、休養に至りました。

名古屋は2010年の優勝をコーチとして支えたボスコ・ジュロブスキー氏を新監督に招いたものの、巻き返すことはできず。ついに降格の憂き目に。

初のJ2降格で懸念されるのが、主力選手の大量流出。チームのエースであるFW永井謙祐選手には、FC東京が興味を示しているともいわれています。Jリーグ創設メンバー「オリジナル10」の名古屋。J2降格で、選手の草刈場と化してしまうのか?

スポンサーリンク





小倉監督自ら獲得したスウェーデン人選手が機能せず



初のJ2降格となった名古屋グランパス。

その崩壊の序曲は、クラブOB小倉氏を、監督兼GMとして招いたことから始まりました。
なぜ小倉監督だったのか。クラブ幹部によると「なんとなく」決まったのだとか。小倉氏は、たしかに人気と実績を兼ね備えたOBではあるものの、いかんせん指導者経験がありませんでした。

また小倉監督に選手獲得とチームの編成をゆだねたことも裏目に。
小倉監督が自ら出向いて獲得したスウェーデン人FWシモビッチ選手は11得点と、まずまずの成績。しかしながら、シーズン中盤には不振に陥り、それにつられてチームの成績も下降線をたどりました。

一方、守備の主軸として期待されたスウェーデン人DFオーマン選手は、戦力になりませんでした。
オーマン選手の獲得は、シモビッチ選手とのセットになっていたようです。専門誌には、プロのレベルに達していないと酷評される始末。結局、リーグ戦には9試合に出場しただけに終わりました。

主力の永井、川又、田口らに他クラブも興味?



GMを託された小倉監督にとって不幸だったのは、チーム成績と赤字削減の二兎を追う必要があったこと。

クラブライセンス制度の導入によって、3期連続で赤字に陥ったクラブはライセンスを剥奪されることに。
そのため、クラブは昨オフ、高年俸の選手に相次いで減棒を提示。クラブの精神的支柱であったDF闘莉王選手も、大幅なダウンを提示され、母国ブラジルに去りました。

それだけでなく、本多勇喜、牟田雄祐とDFの若手有望株もJ2の京都に移籍してしまったのです。
クラブの将来性が見えないことに不安を感じたのかもしれません。これによって名古屋はDF陣を総入れ替えすることに。スウェーデンから獲得したオーマン選手は戦力になることなく、守備は機能しなくなります。守備に不安を抱えたチームは、攻撃でも振るわなくなってしまったのです。

戦力不足を露呈した名古屋は泥沼の18試合連続勝ち星なし。
小倉監督が休養し、闘莉王選手がブラジルから電撃復帰したことで、チーム状況が少し持ち直したのはなんとも皮肉でした。

J2に降格したクラブからは、主力選手が大量に流出するのが常。
降格が決まったリーグ戦最終節後、残留を明言した選手は10番を背負う小川佳純選手ひとり。

主力である永井選手、川又堅碁、田口泰士、シモビッチ選手らには他クラブも興味を示しているのだとか。
さらにスポンサーのトヨタ自動車も、支援縮小をほのめかしているといいます。主力がごっそり去り、スポンサーも支援を見直すことになれば、J1昇格は遠のくばかり。

オリジナル10の名古屋がJ1に復帰する日は訪れるのか。オフの動向から目が離せなくなりそうです。

スポンサーリンク




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

サッカー・プレミアリーグ、レスター岡崎以外の日本人優勝選手は? 

労を惜しまぬプレーで海外でも高評価



世紀の番狂わせと呼ばれるプレミアリーグ初優勝を遂げたレスター。所属する岡崎慎司選手は、得点こそ少なかったものの、前線から相手選手にプレッシャーを与え続け、労を惜しまぬプレーで高い評価を得ました。ところで、プレミアリーグ制覇を経験した日本人選手は岡崎選手で三人目。あと二人の選手思い出せますか?

スポンサーリンク





シーズン5得点でも前線からの激しい守備で貢献



シーズン5得点とフォワードとしては少々寂しい結果に終わった岡崎選手。それでも前線からの労を惜しまぬ守備は、サッカーの本場イギリスでも高く評価されています。レスターと岡崎選手の奇跡には世界のサッカーファンから称賛が相次いでいます。

ところでプレミアリーグ制覇は日本人選手三人目。岡崎選手が初めてではありません。あとの二人とは?

マンチェスターUで香川真司選手が優勝



一人はマンチェスター・ユナイテッドに所属していた香川真司選手。
ドイツのドルトムントから移籍後初のシーズンで優勝を経験。移籍一年目、けがの影響もあり、主力定着はなりませんでした。20試合出場、5得点とまずまずの成績だったものの、主力として優勝に貢献した岡崎選手ほどのインパクトはありませんでした。

アーセナル稲本はチーム優勝も出場できず



そしてプレミアリーグ日本人初の優勝選手となったのは、当時アーセナルに所属していた元日本代表の稲本潤一選手。ところが出場ゼロ試合に終わりました。

稲本選手は、まだ日本から移籍したばかりで、レギュラーからポジションを奪い取るまでには至らなかったのです。残念ながら、優勝したチームにあって、戦力になることはできませんでした。

ところでレスターを率いてプレミアリーグ制覇を成し遂げた、イタリア人のラニエリ監督は、来季の目標を問われて八位とコメント。世界中から選手が集まるプレミアリーグを制することは、それだけ難しいのでしょう。

スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

元日本代表・闘莉王がJリーグ名古屋退団!現役引退、実業家に? 

大幅減棒提示で退団。オファーもJ3のみ



サッカー元日本代表DF、田中マルクス闘莉王選手が所属先の名古屋グランパスを退団。かねてより、名古屋で引退、と公言していたこともあり、現役引退の可能性が強まりました。まだ34歳。ユニフォームを脱ぐには早すぎる感もありますが、高額な年俸、そして強烈な個性を嫌って、移籍オファーはJ3の鳥取のみ。ルーツのある日本のため、戦い続けてきた闘将の姿も見納めとなるのは、ファンとしてもさびしいところです。

スポンサーリンク





1億円ダウンに涙の帰国



2010年の名古屋グランパスJ1初制覇に貢献した闘莉王選手。
ところが、その後、チームは低迷。2015年シーズンも下位に終わり、闘莉王選手に提示された年俸は、1億円減となる推定7000万円。しかも来期構想では、本職のDFではなく、FWの控え。

これを聞いた闘莉王選手が、プライドを傷つけられたのは想像にかたくありません。
シーズン終了後、母国ブラジルに帰国する際には、見送りに来た同僚らと涙で抱き合う姿も。もう、現役の選手として、日本に戻ってくることはない。そう覚悟を決めていたのかもしれません。

低迷続きでリストラの標的に?



来期の指揮官にOBの小倉隆史監督兼GMを迎えた名古屋。
低迷が続き、ほとんどの選手が大幅なダウン提示。こうした契約方針に、主力として期待されていた若手DF2人が移籍を決断。新天地は、名古屋を上回る条件を提示した、J2の京都でした。

大幅なダウン提示でも、闘莉王選手がチーム最高年俸。
名古屋としては、誠意を見せたということなのでしょう。しかし、それは数字上のこと。闘莉王選手としては、自身への期待を感じ取ることができなかった、のではないでしょうか。

医師の伴侶を得て、ブラジルで実業家に?



さて、闘莉王選手の気になる今後は?

実は、闘莉王選手はブラジル人の女性医師と結婚予定。
生涯の伴侶を得て、故郷ブラジルで実業家に転身する、という報道も。一族が、ブラジルで牧場を経営したり、弁護士をしていたり。サッカーだけでなく、ビジネスに乗り出す環境も整っているそう。

引退後の身の振り方、いわゆるセカンドキャリアは、日本のスポーツ界でも重要な課題となっています。
日本のスポーツ界では、引退後もチームスタッフや解説者として、スポーツに関わり続ける生き方が中心。それに比べると、闘莉王選手のセカンドキャリアは、サッカーと同じく、視野が広いといえそう。

また、闘莉王選手のリーダーシップは、ビジネスでも通用するかもしれません。
ちょっと後味の悪い引退劇となりそうですが、闘莉王選手の第二の人生の成功を願わずにいられません。

スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

元日本代表DF闘莉王、1億円減で名古屋退団、引退?涙の帰国 

クラブの大黒柱に大幅なダウン提示



サッカーの南アフリカワールドカップに出場した元日本代表DF、田中マルクス闘莉王選手。所属するJリーグ名古屋グランパスから1億円の大幅減棒を提示。これにショックを受けた闘莉王選手は、退団もしくは引退も検討。闘莉王選手といえば、日本代表でも守備の要として活躍。名古屋でもDFだけでなくFWまでこなすという大黒柱だったはず。それが、どうして大幅ダウンを提示されたのか。

スポンサーリンク





ブラジルから来日。日本代表に



日系ブラジル人を父に持つ闘莉王選手は、高校入学とともににブラジルから来日。高校卒業後、入団したサンフレッチェ広島では定位置を獲得できず、J2の水戸ホーリーホックに期限付き移籍。DFながらシーズン10得点を挙げる活躍で頭角を現すと、J1屈指の人気クラブの浦和レッズに完全移籍。日本国籍を取得し、五輪代表、日本代表に選ばれるまでになりました。その熱いプレーぶりから「闘将」とも称されています。

その熱い性格は、数々の著書でも明らかにされてきたとおり。日本国籍を取得して、ブラジル代表ではなく日本代表を選択したのも、ただ試合に出やすいから、という理由だけではなかったのでしょう。

大和魂

闘莉王―赤き魂のサムライ


ストレートな言動で監督と対立繰り返す



しかし、ストレートな言動はときに周囲との摩擦を引き起こします。主力として活躍した浦和レッズでも、監督、クラブと次々対立。6シーズン連続でJリーグベストイレブンに選出という大黒柱であったにもかかわらず退団。

名古屋初優勝に貢献もクラブ批判



浦和からストイコビッチ監督率いる名古屋に移籍すると、加入1年目のシーズンで名古屋を初優勝へと導きました。チームのため粉骨砕身する一方、納得のいかないことを黙って見過ごすことのできない闘莉王選手。

今シーズンの本拠地最終戦の試合後セレモニーでは、「このクラブはバラバラ」と異例のクラブ批判。それが災いしたかどうかはともかく、経費削減を進めるクラブの方針もあって、高給とりでベテランでもある闘莉王選手に大幅減俸が提示されたようです。

小倉隆史氏Jリーグ名古屋監督就任とアトランタ世代の現在

涙の帰国。このまま引退も?



名古屋への愛着が深い闘莉王選手。2012年には母国ブラジルの名門ボタフォゴから獲得オファーが届いたものの、これを固辞。今回も、名古屋以外のクラブでプレーする意志はないと伝えられています。そうなると、このまま引退ということも。

中部国際空港からブラジルへと帰国する際は、チームメートの楢崎正剛選手らと抱擁。涙も見せたという闘莉王選手。その熱いプレーが日本で見られなくなるのは、ファンとしてもあまりに寂しいところです。

スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

武田修宏「ホテルオークラ37階で1年間生活」でも37階あった? 

テレビ難組みでバブリーな時代を回想



元サッカー日本代表武田修宏さんが現役時代、ホテルオークラ37階で一年間、ホテル生活をしていたとテレビ番組でコメント。当時はJリーグ創設期で人気も絶頂。スター選手となれば、それくらい華やかな生活もできるのかも。でもちょっと待って。ホテルオークラ東京には37階などありません。いったいどういうこと?

スポンサーリンク





かつての年収は1億円以上



武田修宏さんといえば、ヴェルディ川崎と日本代表で活躍したストライカー。Jリーグが創設された1990年代初めは、まだバブル経済の余韻が残っており、人気のJリーガーも華やかな生活をおくっていたのでしょう。

当時の武田さんの年収は1億円以上あったとか。金銭感覚も麻痺し、豪遊していたそう。そしてホテルオークラのスイートルームで1年間生活。朝、昼の食事はルームサービス。夕食は鉄板焼きだったと回想していたのですが・・・。問題はどこのホテルオークラなのか、ということ。ヴェルディ川崎の本拠地に近い都内なら、ホテルオークラ東京が思い浮かびますが、別館でも16階建て。記憶違いにしても、37階とは大きな差があります。

ジュビロ磐田本拠地の隣、浜松にもオークラ



ひょっとして、都内のホテルオークラではないのでは?

武田さんは選手生活の後半、ヴェルディ川崎から他クラブへの移籍を繰り返すように。そのうち、ホテルオークラのチェーンがあるのが、1996年に所属したジュビロ磐田。武田さんの故郷でもある、お隣の浜松市の45階建て高層ビル「アクトタワー」内に、オークラアクトシティホテル浜松が入居。このホテルは32階から44階まで客室になっており、「37階でホテル暮らし」というコメントとも一致します。

地方都市の「浜松」というと、あまり華やかなイメージがしないため、番組ではっきりいわなかったのか。武田さんのジュビロ磐田時代というと、本職のストライカーではなくサイドバックでの起用が多く、どちらかというと影の部分かもしれません。しかも1996年になると、もはやバブル経済の余韻も残っていなかったはず。もっとも、武田さんが当時も高年収だったことには間違いなのでしょうけど。

スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の5件 | - サッカー日本代表 ブログトップ
登録していただくと更新情報が届きます follow us in feedly

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。